今週の感動スピーチ  2014-01-08

あけましておめでとうございます。
去年、山中教授はiPS細胞の研究によりノーベル賞の栄誉に輝き日本中が喜びに浸りました。受賞決定後に京都大学で記者会見し「さらにこれから研究を続け、一日でも早く医学に応用しなければならないという気持ちでいっぱいだ。これからが本当に大事な仕事です」と語っていました。
山中教授にとってノーベル賞は最終目的でなく「始まり」なのですね。
以下、Kさん「始まり」をご覧下さい。

☆「これは終わりでなく始まりだ」名古屋一日集中コースKさん(男性)
≪要旨≫
私は小学校の授業の時、先生に当てられ立って本を読みました。突然息苦しくなって読めなくなりました。以来人前で話が苦手でいつも苦痛を感じていました。
以前その苦しさから逃れるために会社をやめました。
この度、消防士として採用され4月から仕事が始まります。
もう、人前で話すのが嫌だとは言ってられず、今回ハロー話し方教室を受講しました。
今回、福士先生のお話に自分の考えの未熟さを知り、さらに実際のスピーチ練習を通し自分の強み弱み改善点が明確になりました。また他の受講生も同じ悩みを持っていることを知り自分がいかに視野が狭いものであったかも気づきました。
受講して自分もやれる自信が少しはつきました。本当に受講してよかったと思います。
しかし、これは終わりではなく、これが始まりです。
自分にとっては人生を賭けた戦いであり、これを契機に出来るまで自信がつくまで初志貫徹する覚悟です。


☆福士 コメント:
Kさんの志の高さに拍手です。
ノーベル賞と比べることはおこがましいのですが、 話し方の学びにも同じことがいえると思います。
上がらず話すは話し方の学びの入口に過ぎません。
目指すのは言葉を使って自分と自分に関わる人達の人生が明るく有意義なものにするのが大きな目標です。
私も皆さんと話し方をともに学び始めて10余年。
まだまだ学ぶことが山ほどございます。
今年も初心に帰って話し方の学びを深めていく所存です。
今年もよろしくお願いします。


≪今週の感動スピーチ≫TOPに戻る  ハロー話し方教室 TOPページに戻る

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞
 一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
  ハロー話し方教室  代表 福士 敏行・陽子
 携帯電話 080-5055-7875
 e−mail  info@fukushi-navi.com
 携帯e−mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
 URL   http://860hanashikata.fukushi-navi.com

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

 

バックナンバー
↓↓↓↓↓

◎受講生による 『3分スピーチ』 その1

◎受講生による 『3分スピーチ』 その2
◎受講生による 『3分スピーチ』 その3
◎受講生による 『3分スピーチ』 その4

◎受講生による 『3分スピーチ』 その5
◎受講生による 『3分スピーチ』 その6

 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋