今週の感動スピーチ  2014-02-08
今回のテーマは「理想の上司・最悪の上司」でした。
仕事をしている者にとっては切っても切れない関心事だと思います。
ひとつのヒントをO・Kさんのスピーチで勉強させていただきました。
以下O・Kさんのスピーチです。

☆ 「理想の上司像を見つめ直す」上野教室O・Kさん(男性)
現在自分には何人かの部下がおります。
その部下が自分に対してどの様な上司像に映っているのか、改めて見つめ直してみる事にしました。
私なりの理想の上司像とは『この人のためならば』という全幅の信頼感を抱かせるだけの人間性を持ち、部下と同一の目線で物事を見る事が出来る共感力のある人物だと思っております。
逆に最悪の上司とは感情や気分のおもうむくままに部下に対して接し、自分の損得や利害関係のみを優先する人物だと思っております。
それに対して現状の自分自身は、理想の上司になるべき要因を全て実践しているかと考えてみますと会社の保身を優先したり、事故や怪我を防ぐために諭す様にでは無く、頭ごなしに叱ってしまった事も何度かあり、決して理想の上司とは言えませんでした。
皆さんもご存じの、昔の任侠といわれた清水次郎長が明治期に入った晩年に、ある新聞記者の
インタビューに答えた感慨深い実話が残っております。
新聞記者が次郎長に『次郎長親分、貴方のために死んでくれる子分が何人くらいいるのですか?』と
愚問ともいえる質問をしました。次郎長は顔色一つ変えずに
『私のために死んでくれる子分が何人いるのかは解りませんが、私は子分のためなら何時でも死ねる』と 即答したそうです。
この次郎長の当時の子分達も肌で感じ、これで次郎長についていかない子分はいないでしょう。
大勢の無頼の子分達を統制するには、一方的に命じてもついて来ない事を清水次郎長は知っていたのでしょう。これこそが究極の上司像ではないでしょうか。
私もこの事を教訓に理想の上司になれる様に頑張って行きたいと思います。

☆福士 コメント:
今回のO・Kさんのは実体験と清水次郎長の実例を引き合いにして話を構成しているのがわかります。
いずれもスピーチも実例がいい脇役を演じていると思います。
そういう意味で実体験同様、実例も聞き手が納得する、いや納得せざるを得ない実例を引き合いに出せるか否かがスピーチの良し悪しを決めるものとなります。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


≪今週の感動スピーチ≫TOPに戻る  ハロー話し方教室 TOPページに戻る

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞
 一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
  ハロー話し方教室  代表 福士 敏行・陽子
 携帯電話 080-5055-7875
 e−mail  info@fukushi-navi.com
 携帯e−mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
 URL   http://860hanashikata.fukushi-navi.com

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

 

バックナンバー
↓↓↓↓↓

◎受講生による 『3分スピーチ』 その1

◎受講生による 『3分スピーチ』 その2
◎受講生による 『3分スピーチ』 その3
◎受講生による 『3分スピーチ』 その4

◎受講生による 『3分スピーチ』 その5
◎受講生による 『3分スピーチ』 その6

 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋