今週の感動スピーチ  2014-08-26

おはようございます。
今年は例年になく自然災災害が多いような気がします。
被災地が一日も早く復旧復興し、安心した生活が再び戻ることを祈っております。
そこで恐縮ですが来週31日(日)の合同授業は急遽「自然災害」に変更させていただきました。
(ホームページは更新済み)
皆さんの自然災害にまつわるスピーチをお聞かせ下さい。
さて、「今週の感動スピーチ」は今回初登場の横浜日曜クラスKさんのスピーチをお届けいたします。

☆「何故ここに来たか?」横浜日曜クラスKさん(男性)
≪要旨≫
現在、4名の従業員を抱えている小さい会社を経営している。
その内の一人が10月12日に結婚式を挙げることになり、主賓挨拶のスピーチを頼まれたかだら。
会社を立ち上げる時は、家族や社員の豊かな生活を実現することで必死だったが、
苦手なスピーチをどうするか、までは全く考えていなかった。
あれから9年、経営も軌道に乗り、社員もめでたく結婚、までは良かったが、気になってしょうがないことがある。
それは以前、友人の結婚式のスピーチをした時のことだ。
事前にあまり考えすぎると緊張すいると思い準備はほとんどせず当日を迎えた。
いざ本番。
スポットライトを浴びた瞬間上がってしまい、メモを見ながら話したが
最後はメモ用紙もクシャクシャになっていた。
なんとか終えたもののそれがトラウマになっているかもしれない。
今は9年前位に比べ、立場も変わりこれからもっと社員も増やしていかなければいけない。
これを機会にスピーチの苦手意識を克服しスピーチに絶対的な自信を付けるつもりだ。
それが今ここにいる理由だ。

☆福士 コメント:
スピーチの落とし穴は一度や二度、準備せずにうまく行ってしまったため、本当に大事な時に準備せず大失敗するということです。
しかし、世の常として柳の下にドジョウは二匹いないものです。
長野五輪のスピードスケート男子で金メダルを取った清水宏保は言っています。
「大舞台で勝つには8割の力で勝負することが大切になる」と。
思い起こせば受験指導もそうでした。
「8割の力しか発揮できなくても合格出来るだけの実力をつける」ことをモットーに日々その練習でした。
スケートも受験も、そしてスピーチも、決して見かけ倒しでない、本物の力を付けておくことがいざ本番で物を言うのでしょうね。
「準備八割、本番二割」。
今からしっかりと準備をしておきたいものです。

さあ、今週も張り切って行きましょう!

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


≪今週の感動スピーチ≫TOPに戻る  ハロー話し方教室 TOPページに戻る

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞
 一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
  ハロー話し方教室  代表 福士 敏行・陽子
 携帯電話 080-5055-7875
 e−mail  info@fukushi-navi.com
 携帯e−mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
 URL   http://860hanashikata.fukushi-navi.com

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

 

バックナンバー
↓↓↓↓↓

◎受講生による 『3分スピーチ』 その1

◎受講生による 『3分スピーチ』 その2
◎受講生による 『3分スピーチ』 その3
◎受講生による 『3分スピーチ』 その4

◎受講生による 『3分スピーチ』 その5
◎受講生による 『3分スピーチ』 その6

 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋