今週の感動スピーチ  2014-09-30
おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。
今回スピーチコンテスト課題「知恵を出す、工夫する」で優勝した横浜日曜クラスのKさんでした。
題は「難しい時代」というものでした。
なにが難しいのか?
この自由価格競争の時代、同じ製品でも店舗によって価格が違う。
そうなると少しでも安いお店で、というのが人情だ。
Kさんも会社を経営している中、価格競争に巻き込まれてはきびしい経営を強いられる、だからから難しい。
その中で生き残るために知恵や工夫が必要だ、というお話でした。
そう考えると本当に難しい時代ですね。
もう一人この難しい時代を生き抜くヒントになるスピーチをご紹介いたします。

☆「困ったは知恵の泉」池袋教室Sさん(男性)
≪要旨≫
我が社にはAさんという上司がいる。
人呼んで「Mr.困ったので何とかしろ」さんだ。
何か問題が起きると我々は呼ばれ「困ったので何とかしろ」と指示をするが、
これでは指示とはいえない指示だ。
しかし、不思議なもので何とかしようと思うと知恵が出てくるものだ。
2つの例をご紹介する。
一つは「学校を改築したいのだが、お金がない何とかしろ!」と言われた時。
頭を捻った結果、学校を統合し、30年間はそれで行く、という折衷案を生み出した。
もう一つは「大きなイベントが有るがお金がない。かと言って中止には出来ない。何とかしろ!」というものだった。
頭を捻り思案した結果、協賛企業を募り、後援方式をとり実施に漕ぎ着けた。
一体困るとはどういうことか?
何とかしようと思えば、知恵や工夫のスイッチが入るものだ。
「不便は発明の母」というように困ったときこそ知恵の泉が溢れる瞬間だ。

☆福士 コメント:
Kさんの仰るようにある意味難しい時代ですよね。
まあ、もっと考えれば古代から生きるのに易しい時代なんてなかったかもしれません。
だからこそSさんのご指摘のように知恵を出し、工夫して困難を乗り越えることに喜びや醍醐味があるのかもしれません。
さらに加えて言わせて頂ければ、それを「話しのネタ」にするのです!
これこそハロー話し方教室流、ネタの作り方です!(笑)
みなさん、困難を乗り越えたスピーチ、お待ちしております!

P.S.本日、アジア大会卓球女子48年ぶりの決勝戦です!
応援よろしく!

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


≪今週の感動スピーチ≫TOPに戻る  ハロー話し方教室 TOPページに戻る

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞
 一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
  ハロー話し方教室  代表 福士 敏行・陽子
 携帯電話 080-5055-7875
 e−mail  info@fukushi-navi.com
 携帯e−mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
 URL   http://860hanashikata.fukushi-navi.com

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

バックナンバー
↓↓↓↓↓

◎受講生による 『3分スピーチ』 その1

◎受講生による 『3分スピーチ』 その2
◎受講生による 『3分スピーチ』 その3
◎受講生による 『3分スピーチ』 その4

◎受講生による 『3分スピーチ』 その5
◎受講生による 『3分スピーチ』 その6


話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋