今週の感動スピーチ  2014-11-17

おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

以前も触れたことあはあると思いますが、スピーチが上手くなるにはスピーチ原稿を作ることは不可欠と考えます。
中には、ぶっつけ本番で誰もが感心するスピーチをやりたい、ということで準備をせずスピーチをされる方もいますが、
それは準備ができないときに止むを得ずするものであって、準備ができるのに準備をしないと練習になりませんし上達しません。
錦織圭が事前練習をせずに本番でジョコビッチに圧勝したい、と言っているようなもんですね。
今回紹介するSさんのスピーチは万善な準備の跡がうかがえます。
どうぞご一読ください。

☆「自分を振り返る旅」 池袋教室Sさん(男性)
≪要旨≫
一般的に旅というと初めての場所に行ってそこの景色を愛でたり、ご当地の料理を楽しむものだ。
ただ私の場合、毎年秋に10年以上同じ場所に行くことを楽しみにしている。
それは秋の鎌倉だ。
そして毎回同じコースをたどっている。
まず初めに北条時宗によって開山された円覚寺。
円覚寺は荘厳な男性的なお寺ではなかろうか。
円覚寺を訪れて、この一年、自分は男らしく積極的な生き方をしただろうかと振り返る。

次に訪れるのが時宗の正室、覚山尼に創始さえた東慶寺だ。
東慶寺は尼寺だけあって円覚寺と違って逆に女性的な雰囲気がある。
ここではこの一年人と誠意をもって接しただろうかと振り返る。
最後に訪れるのが紫陽花寺で有名な明月院だ。
極楽浄土をおもわせる奥の庭でこの一年間健康に過ごせたかを振り返る。
旅というのは新しいところに行くのもいいが、自分を定点観測する旅も自分にとって格別の旅になっている。

☆福士 コメント:
いかがでしょうか?
Sさんのスピーチには明確な戦略がうかがえます。
具体的には話しの初めに毎年同じところに行くたびもあると振っておき、3つのお寺の話をする。
そのお寺は、男性的、女性的、極楽浄土のような寺と特徴づけ、
それぞれの寺で自分は何を振り返るか、という構成ですね。
そして3つのお寺の紹介もどれか一つに偏らず同じウエイトで紹介しているところも大事です。
つまり一つのお寺ばかり話をしてしまいますと、ほかの2つは太刀持ちのようになってしまい、
バランスが悪くなります。
以上、Sさんの話はぶっつけ本番ではないことがわかります。
そうそうお寺の開基の時宗や覚山尼まで出てくることでもわかりますよね。
この地味な繰り返しが、やがてぶっつけ本番でも威力を発揮する話力になると思います。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!



≪今週の感動スピーチ≫TOPに戻る  ハロー話し方教室 TOPページに戻る

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞
 一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
  ハロー話し方教室  代表 福士 敏行・陽子
 携帯電話 080-5055-7875
 e−mail  info@fukushi-navi.com
 URL   http://860hanashikata.fukushi-navi.com

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

バックナンバー
↓↓↓↓↓

◎受講生による 『3分スピーチ』 その1

◎受講生による 『3分スピーチ』 その2
◎受講生による 『3分スピーチ』 その3
◎受講生による 『3分スピーチ』 その4

◎受講生による 『3分スピーチ』 その5
◎受講生による 『3分スピーチ』 その6

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋