☆毎週受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。
今週の感動スピーチ 2015-03-05

昨日はやたらに暖かく、また週末にかけて寒くなりそうです。
また花粉症も猛威をふるったりお休みだったりと、同じ季節の変わり目でも冬から春の変わり目は
とかく忙しいですね。

おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

童謡詩人、金子みすゞさん(明治36年〜昭和5年)の詩に次のようなものがあります。

青いお空のそこふかく、
海の小石のそのように
夜がくるまでしずんでる、
昼のお星はめにみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。
〜金子みすゞ「星とたんぽぽ」より〜

話し方の勉強をしていると
「一体、少しは変わったのかな?」
「まだまだ緊張が取れないな。」
「いつになったら流暢に話が出来るのかな?」
「スピーチはやっぱり自分の性に合ってないのでは?」等々と不安になることもあると思います。
だけれどもそれが全てでしょうか?
例えば
「人前で心臓がバクバクしていたが少し軽くなった!」
「苦痛がそれほど苦痛でなくなった!」
「失敗してもあまり落ち込まなくなった!」
さらには
「毎回ではないが、自分とは思えないほど上手く話せたことがあった!」
「なんと他の受講生や先生から自分のスピーチを褒められた!耳を疑った!」
さらには
「話し方やあがり症で悩んでいるのは、自分だけではないことがわかった!」
「話の上手い人は、それなりに努力をしていることがわかった!」
「自分は人前で話すのが無理と思っていたが、やれば出来る事がわかった!」
さらに、さらに
「話し方の学びは、1ヶ月や2ヶ月で完了するような甘いものではないことを知った!」
「嫌なことは、ツイテルと思えるようになってきた!」等々その他多数。

実は、これらのどの一つを取っても物凄い変化や発見だと思います。
馬鹿にできないとことだと思います。
池上彰のようになることだけが変化ではないはずです。
(池上彰も、ン十年前は初心者だったはずです)
何回も何回も続けていく中で、ハロー話し方教室の受講生の中には「変わったな〜!へ〜、上手いじゃん!」
「なるほどね〜!」「わぁ〜、感動した!」と、どこに出ても恥ずかしくないスピーチをする方が大勢います。
事実、社内のプレゼンテーション大会で優勝した人や、なんと大学で講義をするようになった人もいるくらいです。
心の成長の変化は見えにくいかもしれないけれど、昼間の星は見えないけど存在するように、
諦めず頑張っている人には確かな変化は始まっていると思います。

さて、今回スピーチしてくださったAさんは実に下向きに努力する方でした。
それだけでも仲々真似はできない素晴らしいことです。
今回の課題は「有難かった一言体験談」でした。
それではAさんのスピーチをご覧ください。

☆『私が、ありがたく、心にしみた一言』横浜教室Aさん(女性)

みなさんこんにちは、Aと申します。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
まず、最初に、私が、ハロー話し方教室に入学した理由について、お話しさせていただきます。
面接のでコミュニケーション面での問題が指摘され、どうしても直さなければならないことと少しでも
不特定多数の人と継続的に話す機会を得て、人生を一発逆転では、ありませんが、少しでもいい
方に変えてみたいを思ったからです。
現在、私は、いち早く、再就職先を見つけるため、ハローワーク港北に通って求人検索や就職相談
をしに通っております。
ある日、ある会社の面接が決まり、その受け答え、とくに自己PRについて不安な点がありました。
どんな点かというと、自己PRというのは、これまで自分の経験してきた職務経験や仕事で培ったスキル、
長所、会社に入って、自分のできることなどをPRすることです。
一応、私なりに、自己PRをまとめてきましたが、それをどう面接官に、伝えられるかをすごく悩み、
ハローワークに就職相談の形で相談しに、行きました。
私が、「明日、面接があるので、自己PRのことで、ご相談したいのですが」とその相談員の方と自己PR
の受け応えの仕方について、相談しました。その相談員の方は、以前、ある企業の人事担当を長年やっ
てらした方で、経験を交えて、親身になって、「あなたは、これまでの仕事で、一生懸命、まじめにコツコツ
と働き、上司やお客様に一定の評価をいただいたのだから、その実務経験を踏まえて自分のことをアピー
ルした方がいいですよ」とか「シンプルで、短めに自信をもっていった方がいいですよ」などいろいろとアドバイ
スしてくださり、少しは、自信が持てました。
そして、その相談員の方の、「あまり、うまく自分のことを要領よく言ったり、飾り立てて誇張して言ったりす
ることは、ぼくは、嫌だな。面接というのは人と人の言葉のキャッチボールの場で、最後に勝つのは心だよ」
という一言にすごく、目からうろこが落ち、とても心がしみて、ありがたかったです。
その一言で、再度、前向きに頑張れる気持ちになりました。

いつも、福士先生が「話すことで、大切なのは、誠実さ」と言われているとおり、コミュニケーションというのは、
結局、人と人との言葉のキャッチボール、いわゆる心と心のキャッチボール、さらに本質的に表すと、誠実さ
イコール人間性がものいうだなあと改め思い知らさせられました。
以上、「私が、ありがたく、心にしみた一言」について、お話しさせていただきました。
本日はどうもありがとうございました。

☆フクドン流独断コメント:
先ずはAさんご卒業おめでとうございます。
そして今までAさんの頑張りに私も刺激を受けました。
こちらこそありがとうございます。

それでは早速Aさんのスピーチを見てみます。
先ずは良かった点。
「有難かった一言体験談」という課題でハローワークでのエピソードを持ってきました。
このエピソードが実に素晴らしい。
特にハローワークの相談員さんの言葉がズシーンと心に残ります。
二つ目はそれで終わらすのではなく何故ハローワークの相談員の方の一言が有難かったかを
ハロー話し方教室の授業をの観点から二重に説明している点です。
二重に説明しているから説得力に厚みが増しますね。
これをダブル・客観的ダメ押し法と福士は勝手に呼んでいます。(笑)
次に改善点。
ただ主題が課題とほぼ同じ内容なのでもう少し言いたいことを前面に出した方がいいかもしれません。
例えば「コミニュケーションとは心と心のキャッチボール」のように変えた方がわかりやすいかな、と思います。
あくまでもご参考まで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日ニュースで都会の女性が仕事を辞めて田舎の農家の青年との婚活をしているのをみました。
世の中、農業がまた見直されている時代なんですね。
私の妻も今、有機農園で農作業にはまっています。
まだ”超”初心者なので先生の指導付きです。
大根、白菜、キャベツ、ジャガイモ、その他。
ただまともな収穫まではまだまだ先だそうです。


という事で。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次週、お会いしましょう!

◎読後感など頂ければわい幸いです。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!




∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞
 一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
  ハロー話し方教室  代表 福士 敏行・陽子
 携帯電話 080-5055-7875
 e−mail  info@fukushi-navi.com
 携帯e−mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
 URL   http://860hanashikata.fukushi-navi.com

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋