☆毎週受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。
今週の感動スピーチ 2015-03-26
もうすぐ3月も終わり4月になります。
サクラの開花の頼りもあちこちで聞かれ待ちに待った春到来ですね!
おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

ところで唐突ですが、みなさんのご両親はどんな方でしたか?
私の父親はああだこうだと一切言わず子育ては一切母親任せの典型的な仕事人間でした。
その反面、私の母親は口うるさかったなぁ。(笑)
そう、私の母は武田鉄也率いる海援隊の名曲「母に捧げるバラード」に出てくるような母でした。
「コラ、テツヤなんばしようとかいなこの子は!ほんまに母ちゃん情けなか!」というやつです。
私の母もまったく同じでした。(笑)
今思えば母にとって私はまったく手にかかる野生の「猿」でしたから無理もないのですが。(笑)
そんな母に対して私は感謝するどころか「俺に対する教育の仕方がおかしい」など訳のわからないことで反抗していた悪ガキでした。
まあ、親という存在は良くも悪くも子供にとって永遠のテーマなのでしょうね。
さて、今回の課題は「人生観を変えた出来事体験談」でしたが、今回はズバリ、Wさんのスピーチは「母親の出会い」を語ってくださいました。
それではWさんのスピーチをご覧ください。

☆「私の人生を変えた出会いの人」 横浜日曜クラスWさん(男性)
<あらすじ>
私が尊敬できるのは母です。
母といっても生みの親ではなく育ての親です。
実は私が幼いころ、両親は離婚しました。
当時私には、4歳年上の兄と1歳年下の弟がいました。
その後、父が再婚したのは私が小学校1年になってからの時でした。
その頃、我が家は決して裕福でなく、その上、兄は反抗期でした。
そんな決して恵まれているとはいえない家庭に新しい母が嫁いできてくれました。
しかも、彼女は初婚で年も20代の若さでした。

彼女が母として来てくれた時から父子家庭だった我が家の様子が一変しました。
まず食生活が大きく変わりました。
「手料理がこんなにもおいしいものか」と子供心に思いました。
また他人の子だからといって決して甘やかすことなく教育には非常に熱心でした。
ゴミ出し当番からゲームの時間、勉強の時間までルールが厳しく決められていました。
最初は窮屈でしたが本当の子供として厳しく愛情をもって教育してくれました。
さらに、家事のかたわら家計の足しにとにパートに出て働いていました。
また、学校の行事も積極的に参加してくれたことを覚えております。

今もし、私に同じことをやれといわれても到底出来ません。
今は、事情があり母とは離れ離れに暮らしていますが、彼女のことを心の底から本当の母親だと思っています。
ですから、母のことを想い、母に喜んでもらうことが私の喜びでもあります。
今日は私の人生を変えた母との出会いをお話しさせていただきました。

☆フクドン流独断コメント:
「親」を語ること、「親」を思い出すこと、これは親孝行だといいます。
きっとWさんのスピーチがご母堂様にも届いていると思います!
ところで「親」というと仲々身近すぎて意外と話しにくいという人も多いのでは。
(少なくとも私はやりにくい)
そんなやりにくい内容ですが、Wさんは原稿を一切見ず、つっかえることもなく淡々として語り続けました。
冷静でかつ深い語り口は在りし頃の寺山修司氏を思い出させます。
寺山修司
聞く側としてはいつの間にか話に吸い込まれてしまっているというところがあります。
そんなわけで特に直すところが見当たらない素晴らしい出来です。
いい勉強させていただきました。
Wさんありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もうすぐ3月も終わり卒業シーズンですね。
卒業式も時代と共にも趣が違っているようです。
私の時代は「仰げば尊し」が定番でした。
先日ふと「仰げば尊し」を口ずさんだら、同時に「仰げばとうとう年」と歌詩を間違えてしまいました。(笑)
そう、昔は60代なんて「おじいちゃんと」みなしていましたが、今は己はその身に置かれています。

さて、みなさんの卒業式はいかがでしたでしょうか?
そこで次回の課題は「卒業式の思い出」でお願いします。
またシーズンがら「引越しにまつわる珍事や体験談」でもOKです。

 

 


という事で。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次週、お会いしましょう!

 

◎読後感など頂ければわい幸いです。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞
 一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
  ハロー話し方教室  代表 福士 敏行・陽子
  携帯電話 080-5055-7875
 e−mail  info@fukushi-navi.com
 携帯e−mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
 URL   http://860hanashikata.fukushi-navi.com

∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋