☆毎週受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。
今週の感動スピーチ 2015-08-26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジン【今週の感動スピーチ】は、
★ハロー話し方教室で実際に行われたスピーチの練習を通し、
★より効果的なスピーチ作成のスキルを体得しつつ、
★スピーチの拠り所となる「物の見方・考え方」を確立し、
★『一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる』ための一助になれば、
と願いつつ毎週皆様にお届けしているメールマガジンです。

流し読みもよし、熟読もよし、お好きなようにご活用いただければ幸いです。
ハロー話し方教室 代表 福士 敏行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お盆も明け、みなさん夏休みの疲れはもう取れましたか?

おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

紀元前、古代ギリシャで「どう伝えたら『説得力』のある伝え方になるか?」の研究、
つまり「論理学」の研究はすでに始まっていました。
有史以来、人間にとって言葉は力でした。

ところで日本では今月14日に安倍首相の戦後70年談話が発表されました。
「何を語るか」「どう語るか」に関係者は相当苦心したことは想像に難くありません。
実際、話しのスピード、音調、そして表情まで細心の注意が払われていました。
因みにこの日の安倍談話は約3400文字/24分でした。
これは1分当たり約140文字の速度です。
NHKのアナウンサーの原稿を読む速度が1分間で300文字といわれますから1分当たり
136文字はアナウンサーの半分以下、「相当ゆっくり」とした速度だということがわかります。
70年談話 安倍首相

今回、横浜で話し方≪2日間集中≫コースが行われましたが、このセミナーでは「そもそも
スピーチとはなんだ?」、「ではどうすれば説得力のあるスピーチになるのか!?」に焦点を
当てて受講生のみなさんと練習を重ねました。

今回ご紹介するOさんのスピーチは「今まで得体のしれなかったスピーチの確かな正体が
見えてきた」、と受講生が一様に感じたそんなスピーチといえそうです。
それではOさんのスピーチをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「スピーチの持つ力は非常に大きい」 横浜会場話し方≪2日間集中≫コースOさん(男性)
(一部抜粋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は「スピーチの持つ力は非常に大きい」という話をさせていただきます。
これはこの2日間での私の気付きでもありました。
先ず一つ目の力は「他人を知る」ということです。
2日間で色々な人のスピーチを聞かせてもらいましたが、その人の考え方や論理構成など
その人の考え方が伝わってきます。
特にその人の人柄がにじみ出てくるものだなと、非常に短い時間ですが、この人はこういう人
だなと「その人を知る力」がスピーチにはあるということです。

もう一つの力は逆に「自分を知ってもらう力」もスピーチにはあるのではと思っています。
私自身の話しぶりとかそういうものもスピーチに乗っかって伝わるんじゃないかと思います。

そして最後に私の願望でもあるのですが、「他人に影響を与える」ものだと思います。
自分はスピーチで他の人になんらかの影響を与える存在でありたい、存在になってみたい。
例えば自分の座右の銘だとか、考え方は過去に人から聞いたものが自分の考え方を形成
している部分があります。
自分のスピーチが聞いた人にいつか思い出してもらえる、判断の基準になるような言葉を残せ
たらいいなと思います。

そういう意味で本日、Mさんの結婚式のスピーチの話を伺いましたが、私も娘が二人います。
やはり父親というものは子供のためにスピーチを成功させたいと思うものです。
Mさんの姿は恐らく自分も十年後によみがえってくと思うし、
自分もスピーチを通して人に影響をお与える存在になりたいと思っています。

以上、本日は「スピーチの持つ力は非常に大きい」という話をさせていただきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フクドン流独断コメント:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スピーチの構成はナンバーリング。
内容は1番目と2番目は「対比」でカバーし
そして最後の3番目に一番「言いたいこと」を持ってくることによてわずか3つの内容で「モレなく、
ダブりなく」言い表す「MECE(ミッシー)」といわれるロジカルシンキングの手法でした。

Oさんご指摘の通り、いい意味にせよ悪い意味にせよスピーチは大きな評価基準になっている
のが現実です。
従い、スピーチの勉強をしない、というのは「他人の自分に対する評価に甘んずる」、ということ
でもあります。
「たかがスピーチ、されどスピーチ」ですね。

今回もいい勉強をさせていただきました。
Oさん、ありとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は趣味の卓球をここ滋賀県でも続けようと毎週近くの体育館での卓球教室に通っています。
先日、練習時間の前に同じ教室に通う70代前後と思われる女性のAさんと立ち話をしました。
お互いどこから通っているか、という話になり
私は「歩いて5分くらいのところから来ています」
と答えると
Aさんは「車で1時間ちょっとのところから来ています」
とお答えになりました。
(えっ!車で1時間、往復で2時間以上!)
とビックリし
「大変ですね〜?」と話を向けると
「いいえ別に。近くには卓球が出来るところがないので」
と涼しい顔でお答えになる。
その後いつもの練習を終え、その日はそれで終わりました。
そのれから数日後、私はある出来事があり「ハッと」しました。
そこには言い訳をしている自分がいました。

世の中、
「もう年だ、若くないから」
「子供がいるから」、
「もっとお金があれば」、
「景気が悪いから」、
「語学が出来ないから」、
「資格がないから」、
「自分には向いていないから、苦手だから」、
「遠いから」、
などなど、

出来ない理由(やらない理由)が溢れている中、
Aさんを思い出し、身体が震えました。



という事で。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回、お会いしましょう!


◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


◎読後感などいただければ幸いです。
お便りは必ず読ませていただいております。

*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*
一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
ハロー話し方教室 代表 福士 敏行・陽子
携帯電話 080-5055-7875
e-mail info@fukushi-navi.com
携帯e-mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
URL http://860hanashikata.fukushi-navi.com
*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞

 

◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋