☆毎週受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。
今週の感動スピーチ 2015-10-23
「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」みなさんいかがお過ごしですか?

おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

次のような実験がありました。
ある課題を達成するためにAとBグループに分けました。
課題を達成するうえでの条件として2つのグループに次の決まりを守ってもら
うことにしました。
Aグループはメンバーの「長所」や頑張った点を指摘し合い課題を達成する
という決まりです。絶対人の批判はしないという決まりです。
Bグループはメンバーの「欠点」や失敗を指摘し批判し合い課題を達成する
という決まりです。
1か月後にその成果を発表してもらうということで一斉にスタートしました。

その結果はというと(賢明な読者はお分かりと思いますが)・・・・。

Aグループは手堅く目標を達成しました。
他方Bグループは1週間も経たないうちに険悪ムードが漂いちょっとした考え
の違いから喧嘩になりついに空中分解しBグループは解散。
Bグループは残念ながら課題の達成はできませんでした。

経営が悪化した石川島重工業(現IHI)や東芝を再建させ日本経済団体
連合会第4代会長に就任し、「ミスター合理化」と言われた土光敏夫さんは
「どんな人にも必ず一つぐらいは長所がある。上に立つものは、その長所
を活用するのだ。
長所をどんどん伸ばしていくと、短所はだんだん影をひそめてゆくものだ。
このことを忘れてはならない。複数の人による共同作業のとき、もっとも
重要なチームワークといわれるものも、各人の長所をうまく組み合わせる
ことに他ならない。一人一人の長所が異質であればあるほど、チームワー
クの相乗効果は大きい。」
と語っています。

経団連第4代会長土光敏夫
(土光敏夫)

今回ご紹介するスピーチは名古屋の機械製造メーカーの社員研修で行われた
スピーチの一コマです。
これからチームを率いるリーダー必見のスピーチです。
それではKさんのスピーチをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「チームワークとは長所を生かしあうこと」 名古屋社員研修Kさん(男性)
(一部抜粋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「同じことを言わせんな」
「もっと積極的に仕事をしろ」
これが私の部下に対する接し方でした。

そんな時、社員研修の一環としてスピーチ研修がありました。
「何で今更スピーチ?」と内心思いつつもスピーチの勉強などしたことなく
「どんなものか?」という思いで参加しました。
研修ではスピーチの作り方ばかりでなく、その土台になっているものの考え方に
まで福士先生から講義がありました。

特に印象に残ったものは
「チームワークとは長所を生かしあうこと。上に立つものがそれを率先していかなけれ
ばならない」
というものでした。

正に自分のことをいわれているようで恥ずかしく思いました。
早速、部下の長所を見つけることを優先に部下の仕事ぶりをみました。
すると不思議なことに自然と部下を褒めるようになるんですね。
職場の雰囲気も明るくなったというか、軽くなってき気がします。

かといって長所ばかり探していても上手くいかないと思います。
締めるところは締めつつもみんなの長所を生かしチームワークの向上に努めてい
きたいと思います。


以上、本日は「チームワークとは長所を生かしあうこと」という話をさせていただき
ました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フクドン流独断コメント:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スピーチを知れば、スピーチは怖くない】
スピーチの練習は、立て板に水を流すようにすらすら話すことだけが目的ではあり
ません。
スピーチはその人の考えや価値観を音声に変換している訳ですからその土台である
考えやをもう一度見直すことは自分自身と向き合うことでもあります。
仕事をする上でも、長い人生を生きて行く上でも自分自身と向き合うスピーチの勉
強は非常に役に立ちます。
Kさんをはじめ、最初は「どうなる事やらと心配しましたが実りの多い研修でした。

Kさん、ありとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、2日後の卓球の試合に備えてラケットのラバーを張り替えたいと思いました。
卓球のラバーを扱っているお店に何件か電話をするも私がほしいラバーを置いて
ある店はありませんでしたが、京都の長岡京にあるTスポーツ店に在庫があること
がわかりました。
「今日は何時までやっていますか?」
と聞くと
「夜の7時までやっています」とのこと。
少々遠いのですが
(このくらいのことを面倒くさがっていては強くなれない!)(笑)
と電車を乗り継ぎ長岡京駅についたころは夜の6時過ぎ。
駅から続く道沿いの店の灯りと街燈が秋の夜空を温かく照らしていました。
歩き始めて10数分、恐らくTスポーツ店近くまで来たとき

(このあたりで地元の人に聞くのがいいだろう)と

陽の沈んだ交差点で信号待ちをしている人影を発見し
「すみませんがTスポーツ店をご存知ですか?」
と聞きました。
私の声に振り返ったその人は中学生くらいの女の子でした。
内心
(マズイ!)
と思いました。
夜の7時近くに見知らぬ髭ずらのオヤジから声をかけられて警戒されるのでは
ないかと。
さらに私の場合、決して人相がよいとは言えず、まして若い女の子に声を変え
たのだから警戒されて当然と思ったからです。(笑)

ところがその女の子の反応は私の予想を裏切りました。
なんと交差点を後戻りしてお店まで私を案内してくれたのです。
私は途中
「申し訳ないね。急いでいるのでしょ?」
というのですが、厭わずに時間にして5分ほど道を引き返して教えてくれ
たのです。
私は何度も「有り難うね」と感謝の気持ちを伝えると、
女の子は黙ってうなずき今来た道を戻って行きました。

「人を見たら泥棒と思え」と言われる今日この頃。

(こんな子がまだいるんだな)
と何か嬉しくなりました。

その晩のビールの味は格別であったことはいうまでもありません。


という事で。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回、お会いしましょう!


◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


◎読後感などいただければ幸いです。
お便りは必ず読ませていただいております。

*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*
一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
ハロー話し方教室 代表 福士 敏行・陽子
携帯電話 080-5055-7875
e-mail info@fukushi-navi.com
携帯e-mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
URL http://860hanashikata.fukushi-navi.com
*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*

◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋