☆毎週受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。

今週の感動スピーチ 2015-10-30

日本各地で木枯らし一号が吹きいよいよ秋から冬へ。
寒さも本格的になりそうです。
どうぞお体には十分気を付けてください。

おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

ところで、みなさんは長岡三重子さんをご存知でしょうか。
彼女は水泳の世界記録保持者です。
それも御年101歳。

長岡三重子

80歳の時、傷めた膝のリハビリが目的で水泳を始めたそうです。
信じられないかもしれませんが、それまではほとんど泳げなかったそうです。
84歳で大会に初出場し、翌年日本新記録を達成。
それから3年後の世界大会で3位になったのですが、メダルの色に満足できず、
91歳でコーチの指導を受け始め、大会記録を次々と更新。
ここから長岡さんの快進撃が始まります。
アメリカの世界大会では金銀銅全てのメダルを獲得、95歳で世界新記録を29個、
日本新記録を47個も樹立します。

「もう若くないから」、
「やったことがないから」、
「そのうち」、
などなど。

「やらない」「出来ない」「先送りする」理由を次から次へと出しまくっている中、
長岡さんから見習うべき点が多そうです。

今回ご紹介するスピーチは
前回に引き続き名古屋の機械製造メーカーの社員研修で行われたスピーチでの
修了スピーチです。
それではMさんのスピーチをご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「大切なことはチャレンジ精神」 名古屋社員研修 Mさん(男性)
(一部抜粋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の子供は地元の少年野球チームに入っています。
子供はまだレギュラーではないのですが子供には「諦めるな!失敗してもいい
から挑戦ろ!」
と言っております。
また会社では部下に「積極的な失敗は役に立つからどんどん挑戦しろ」とも
言っています。
振り返って私は昔から人の前での話しが苦手でできれば避けたいというところ
がありました。
正直、話のうまい人は生まれながらにそういった才能があるのだ、
自分は生まれながら才能がないのだと決めつけていたように思います。
しかし、立場上も私が現状に甘んじている訳にも行きません。
そこで本屋さんでスピーチの本を購入し何冊か読みました。
しかし、現状に変化はありませんでした。
そんな時、会社でスピーチ研修を開いていただけると聞き、私にとっては
「渡りに船」の思いで参加させていただきました。
この研修では実際にスピーチ練習を8回もさせていただきました。
リレースピーチ、ナンバーリング、そして参加したみなさんんとの意見交換。
そして色々気が付いたことがあります。
その中で一番大きな収穫は「スピーチが楽しいものだ」ということを感じたこと
です。
あれほどスピーチは嫌なもの。できれば避けたいものだったスピーチがです。

そしてもう一つ。
それはなんでも、その道のプロの指導を仰ぐことが大切だということを改め
てわかりました。
福士先生、2日間ご指導ありがとうございました。

以上、本日は「大切なことはチャレンジ精神」 という話をさせていた
だきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フクドン流独断コメント:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スピーチの上達に年齢は関係ない】
スピーチを学ぶことのメリットはたくさんあります。
特に次の二つは大きいものがあると思います。
先ず、人間は誰でも「他人に認められたいという」願望を持っています。
ですから大勢の前で自分の意見をしっかりいえるということは「自己の重要感」
を満たすことが出来ますね。

次に、これが重要なのですが自分の考えを形成して行くことが出来るという点
です。
当たり前ですが、スピーチは自分の考えの発表することです。
そのためには自分の考えを深め練り固めなければなりません。
ブレない自分を作っていくことは長い人生の中で重要の作業と考えます。
もちろんこれらのことは一朝一夕にできる事ではありませんが、「やらないで
いい理由」にはなりません。

今回「スピーチが楽しいものだ」と語るMさん。
これからの仕事から人生に至るまできっとこの学びが活かしていただけれと
思います。
現在、スピーチを苦手と思っている人はたくさんいらっしゃいます。
しかし、考えていても前に進みません。
101歳の長岡さんからすれば40、50、60はひよっこといわれそうです。(笑)
みなさんも「チャレンジ精神」を持ってスピーチの達人を目指し
てください!

今回もいい勉強をさせていただきました。
Mさん、こちらこそありとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月22日、京都の「時代まつり」と同じ日の夜行われる「鞍馬の火祭」に出かけ
ました。
「時代まつり」は総勢約2000名の人たちが明治維新から平安京の造営された延暦
時代までの時代の
衣装をまとい牛や馬をとともに練り歩く時代行列です。
午後1時過ぎ沿道には人が並び時代行列の一行を待ちます。
私たちも何とか空いている場所を見つけ沿道で行列を待ちました。
そこに二人の年配の夫婦がきたので「どうぞ、どうぞ」と横に詰めて場所を譲り
ました。
しばらくすると奥さんが今度は「どうぞ」と私たちにミカンをくれました。
その後、華麗な時代行列を見終え「鞍馬の火祭」に向かうため地下鉄京阪三条駅
に行きました。
駅で二人の女性と会い、話を伺うとお二人は友達同士で大阪から来て今から
「鞍馬の火祭」に行くとのことでした。
京阪三条駅から出町柳駅。
出町柳から叡山電車に乗って鞍馬に向かおうと座席に座ると、先ほど京阪三条駅
でお会いした二人の方と
隣り合わせになりました。
発車時間が近づくにつれて電車は「鞍馬の火祭」をみようとする人たちで込み合っ
てきました。
運悪く(?)私たちの目の前に年寄がやってきました。
ここは普段話し方を学んでいる身として即「どうぞ!」と席を譲り立ち上がりました。
(これから30分立ちっぱなしか・・・)
とはおくびにも出さず(?)車窓を眺めていると、
先ほどの女性の一人が私たちにバッグからチョコレートを取り出し「どうぞ」とニッコリ。
「えっ?ありがとうございます!」といただきました。

いつだったでしょうか、「大阪のおばちゃんのバッグには必ず飴玉が入っている」と
いうことを聞いたことがあります。

(ああ、これが大阪のおばちゃんなんだな)(笑)

と心底納得しました。





という事で。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回、お会いしましょう!


◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


◎読後感などいただければ幸いです。
お便りは必ず読ませていただいております。



*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*
一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
ハロー話し方教室 代表 福士 敏行・陽子
携帯電話 080-5055-7875
e-mail info@fukushi-navi.com
携帯e-mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
URL http://860hanashikata.fukushi-navi.com
*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*


◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋