☆毎週受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。

今週の感動スピーチ 2015-12-18

昨夜日本女子サッカー、澤穂希の引退会見が行われました。
当時だれも見向きもしなかった日本女子サッカーをワールドカップで優勝
に導いた立役者でした。

次回の《今週の感動スピーチ》で澤穂希選手を取り上げたいと思います。

おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

日本には剣道や茶道などで、学ぶ心の在り方として「守・破・離」という
ことが言われます。


守・・・師匠から言われた基本的な型を「守る」
破・・・その型に自分の創意工夫をすることで、既存の型を「破る」
離・・・自分の世界を作り出すために、型そのものから「離れる」


このようにはじめの「守」段階では素直に指導者のいうことを受け入れると
いうんですね。
仕事にも通じて、先ずは先輩、上司の言わんとすることを素直に聞きや
ってみることなんですね。

やる前から「でも・・」「だって・・・」「どうせ・・・」の3Dはタブーです。(笑)

守・破・離

話し方の授業でも「そんなことはない」「そんなこと当たり前だ」と先入観
で決め込まず、素直に受け入れる姿勢が大切です。
「守・破・離」とは話し方を学ぶ時にもいえそうです。

今回は以前上野で行われました話し方≪2日間集中≫コースで行われた
修了スピーチです。
それではKさんのスピーチをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「もっと素直になろう」 上野話し方≪2日間集中≫コースKさん(男性)
(一部抜粋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


私は物事をネガティヴに捉える癖があります。

例えばテレビを観ていてドラマにしても歌番組にしても他の人が「演技が
上手い」とか「歌が上手」とかいってもとか「親の七光りじゃないか」とか「雰
囲気が嫌だ」とか何かあらを探し無意識のうちにケチをつけていました。

そういう人や物事のいい面を受け入れていない自分が嫌でした。

この度、このセミナーを受ける時、福士先生から見事に私の欠点を指摘され
ました。

「Kさん、人の話しを批判的に聞いていませんか?」

私はドキッとしました。
正直、初めてお会いする先生を受け入れていない自分がいたからです。

私はあがり症を克服するのにこのセミナーに参加しました。
あがり症を直すためのヒントは目の前にあるにもかかわらず、
参加しておきながら先生の話しを批判的に聞いている自分がつくづく
情けなく思いました。

このセミナーが終わる今、先生にご指摘をいただいてよかったです。
もしあのままセミナーを終えていたならば何も学べなかったと思います。


ところでプロ野球も終わりましたが、今年活躍した若手のある選手(名前は
忘れました、すみません)が来年の抱負を語っていました。

彼は「信じること」と言っていました。

何を?

それはいっていませんでしたが私には「コーチを、仲間を信じる」のよう
に聞こえました。

つまり独善的にならない、人の話に耳を傾けようという謙虚な姿勢に
見えました。
私はこういう人が成長するのだろうな、と感じました。


私の今後の課題が明確になりました。
もっと肯定的に素直な自分を目指していきます。

そうすればもっと成長し輝ける自分になれると思います。

最後に私の詩を発表させていただきます。

「憂えるのは疑うからである。
疑うから憂え、崩れる。
だから疑わないことだ。
疑わないとは信ずることだ。

疑って安堵するより、信じて感動する方がいい。
だから他人(ひと)も自分も信じることができる人になろう!

他人(ひと)を信じない人生は寂し過ぎる。
自分を信じない人生は苦しい。」

以上で発表を終わります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フクドン流独断コメント:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪素直な気持ちで学ぼう≫

以前私は塾の講師をしていました。
入塾し初めて私の授業を受ける生徒に対して必ず「俺はみんなの敵か?
それとも味方か?」から始めました。(笑)

最初にボタンを掛け違うと指導して行く上で後々大変だからです。
そうでなくても私(福士)のうような人相の悪い人間は敬遠されがちです
ので。(笑)

今の世の中、「オレオレ詐欺」に象徴されるように安易に人を信じること
が出来ない世の中になってしまいました。

それはそれで仕方ないと思いますが、かといってKさんのスピーチのように人
を疑う生き方も寂しいですよね。

今回もいい勉強をさせていただきました。
Kさん、渾身の詩それとスピーチありとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


4年前の夏自転車で琵琶湖を一周2泊かけて回りました。
もう年も重ね、今度はいつか車で琵琶湖を一周を計画していました。

その計画を先週実現させました。
琵琶湖を大津を出発し反時計回りで回りました。

知る人ぞ知る琵琶湖の湖南から湖東に続く「さざなみ 街道」は、超定番の
ドライブウエイです。

琵琶湖を左手に眺めながら近江八幡、彦根城を快調に通過し途中、長浜の
街で休憩して散策し、さらに北上して奥琵琶湖の諏訪神社に立ち寄りました。

12月の中旬だというのにまだいたるところで見事な紅葉を見ることが出来ま
した。

奥琵琶を抜け湖西に入り、今回の目的のの一つ、高島市の針江の生水を
用意していった4リットル入りのペットボトル3本にいれました。

琵琶湖をただ回れば一周約150km、5時間くらいで回れるそうですが
寄り道をしたおかげで走行距離200km8時間の琵琶湖一周のドライブ
となりました。

その夜は早速、針江の生水で焼酎のお湯割りで一日を締めました。


という事で。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回、お会いしましょう!




◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


◎読後感などいただければ幸いです。
お便りは必ず読ませていただいております。


*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*
一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
ハロー話し方教室 代表 福士 敏行・陽子
携帯電話 080-5055-7875
e-mail info@fukushi-navi.com
携帯e-mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
URL http://860hanashikata.fukushi-navi.com
*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*

◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋