☆受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。

今週の感動スピーチ

各地で厳しい寒さのため雪による事故が頻発しています。
どうぞ気を付けてください。

おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

ところで一般にお笑い芸人の話すスピーチは速いものです。
明石家さんま、ビートたけし、などがそうです。

他方、ビジネス、ニュース解説、お坊さんの説法などは反対にゆっくり話します。
池上彰氏、お坊さんの話しなどはゆっくり丁寧に話してくれますよね。

これが逆であったらどうでしょう?
明石家さんまが、お坊さんのにようにゆっくり話したら?
お坊さんが、明石家さんまのように早口で話したら?(笑)

はなすスピード説法
面白いかもしれませんが一般的ではありませんね。

まとめますと

・ゆっくり話す→わかりやすい、ききやすい。説得力がある。ゆとりを感じる。
安心して聞いていられる。真実味がある。などなど

・早口で話す→聞き取りにくい。嘘っぽい。軽く感じられる。
安心して聞いていられない。などなど


が特徴です。



今回は名古屋のセミナーで学校の先生が受講してくださいました。
その方は話すスピードを変えただけで解りやすさ、説得力が格段に増しました。
まるで別人のようにです!

話すスピーチだけでもこうも違うんですね。
活字だけではわかりにくいと思いますが、Hさんのスピーチをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「このセミナーで学んだこと」名古屋話し方≪1日集中 ≫コースHさん(女性)
(一部抜粋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のセミナーで学んだことを三点お話しいたします。
先ず一つ目は話し方を変えることの大切さです。
例えばゆっくり話すとか話しの最初と最後に主題を提示するということです。
私は今まで自分が速く話していることに気が付いていませんでしたが、指摘していた貰ったこ
とで気づいたのでこれからは大切にしていきたいなと思います。

二つ目は相手の反応を見るということです。
今までは授業をしていて相手の反応をみずに話をしていたな、という後悔と共に相手の反
応を見ることが
すごく大事だなという気付きが今日ありました。

三つ目は「例えば、何故」なの言葉を意識的に使うということです。
言葉の重要性を日頃意識しているのですがちょっとし違い、「例えば、つまり、なぜ」を入れる
だけでもすごくわかりやすくなるという言葉の力というものを今日改めて感じました。

今日学んだ話し方を変えるとか、相手の反応を見るとか、例えば、何故などの言葉を入れる
とかいうことを意識して明日からの授業に臨んでいきたいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フクドン流独断コメント:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪話すスピードを考えよう≫
NHKのアナウンサーの話す速度は漢字かな混じりで1分間に300語前後といわれ
ています。
解りやすさ優先ですから「ゆっくり丁寧」が基本です。

他方、お笑いはギャグや漫才に代表されるように論理的解りやすさよりも、ナンセンス、
馬鹿々々しさ、滑稽さ、間抜けさが伝わればそれでいいのです。
そのためにはゆっくり話すよりもテンポよく軽快に話すことのほうがむいています。

ここまでが基本です。

そして応用編が瀬戸内寂聴さん93歳。

瀬戸内寂聴さんは現在お年を召されまた体調がすぐれないということもあり以前の様に
活発に活動されてはいらっしゃいませんが彼女の話しは早口の方だと思います。
なんせ、師の法話はお笑いが散りばめられているでしょう。

といういことで今回もいい勉強をさせていただきました。
Hさん、ありとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日21日琵琶湖西岸にそびえる比良山系にある琵琶湖バレーに雪山を見に行きました。
山頂までガラス張りのロープウェーで空中散歩を楽しみ山頂につきました。
細い樹の枝の先々まで粉雪が降り積もり白一色の白銀の世界です。


雪山は10年ぶりですが、辺り一面真っ白な雪を見と昔と同じ気持ちが洗われる気がします。
山頂から見えるびわ湖の絶景に感動した後、ロープウェーを降りました。


帰り駅のホームには寒い地域にはよくある採暖室がありました。
ホームホの少し先にはアジア系の親2人子供2人の観光らしき人が寒風の中に立ち電車を
待っていました。

「採暖室があることを教えてあげようかなぁ」「でも英語や日本語で上通じるかなぁ」と心配
しましたが下手な英語で「あちらに採暖室があるから温まりませんかと」説明しました。

すると片言の英語も伝わり「ありがとう。でももう電車が来るから」と言うような返事でした。


そこで私たちだけが採暖室に入り暖をとっていると先程の家族が中に入ってくるではありま
せんか。

自然に会話が始まり台湾から来たと言う事、日本はこれで5回目だと言うこと、昨日は
石川県の山中温泉に行ってきたと言う事、今日はこれから雄琴温泉に泊まり、明日は
京都でショッピングをするというような話をしながら採暖室の中で電車を待ちました。

来た電車に一緒に乗り雄琴温泉駅で「Have a nice trip!」と言って手を振り別れ
ました。



という事で。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回、お会いしましょう!




◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!

◎読後感などいただければ幸いです。
お便りは必ず読ませていただいております。



*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*
一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
ハロー話し方教室 代表 福士 敏行・陽子
携帯電話 080-5055-7875
e-mail info@fukushi-navi.com
携帯e-mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
URL http://860hanashikata.fukushi-navi.com
*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*

◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋