☆受講生のスピーチの中から印象に残る感動的なスピーチを皆様にお届けしております。

今週の感動スピーチ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジン【今週の感動スピーチ】は、
★ハロー話し方教室で実際に行われたスピーチの練習を通し、
★より効果的なスピーチ作成のスキルを体得しつつ、
★スピーチの拠り所となる「物の見方・考え方」を確立し、
★『一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる』ための一助ななれば
幸いと毎週皆様にお届けしているメールマガジンです。

ハロー話し方教室 代表 福士 敏行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
ハロー話し方教室の福士です。

今回は、前回の続きで「どうしたらそのような『え〜』や『あの〜』のような口癖を
なくすことができるか?」
です。


どうしたら『え〜』や『あの〜』の口癖はなくせるか?   どうしたら『え〜』や『あの〜』の口癖はなくせるか?
(どうしたら『え〜』や『あの〜』の口癖はなくせるか?PART2)


前回ご紹介したFさんのスピーチに無理やり『え〜』や『あの〜』を加えてみます。

「え〜、本日は「話し方教室で目から鱗」と、え〜いう話しをします。

え〜、本日は、え〜「話し方教室で目から鱗」という、あの〜話しをします。

え〜、では、何が目から鱗なのか、あの〜二点ございます。

え〜、まず、1点目はあの〜「話しは明確に作れ」ということで、え〜ございます。

え〜、具体的に、え〜申しますと、え〜何を話すかではなく、え〜どう話すかに
あの〜、着目てきたということでえ〜ございます。

え〜、以前の私は、え〜あがり症ということもあり、え〜何を話したらいいかで、
え〜、一杯一杯でした。
(以下省略)」

とこうなりますが、次に上のスピーチを実験として『え〜』や『あの〜』の部分を
『沈黙』と言い換えて読んで練習をします。

以下のようになります。

「『沈黙』本日は、『沈黙』「話し方教室で目から鱗」という、『沈黙』話しをします。

『沈黙』では、何が目から鱗なのか、『沈黙』二点ございます。

『沈黙』まず、1点目は『沈黙』「話しは明確に作れ」ということで、『沈黙』ございます。

『沈黙』具体的に、『沈黙』申しますと、『沈黙』何を話すかではなく、『沈黙』どう話すかに
『沈黙』着目てきたということで『沈黙』ございます。

『沈黙』以前の私は、『沈黙』あがり症ということもあり、『沈黙』何を話したらいいかで、
『沈黙』一杯一杯でした。」


いかがでしょうか?

『え〜』や『あの〜』をいいそうになったら敢えて『沈黙』と発声するのです。

それだけ口癖を治すことに意識が行っている証拠ですから、これを続けていくと
『え〜』や『あの〜』を【いわないのが癖】になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地震発生から東日本にもう人が住めなくなるかもしれないという東日本大震災
から5年。

3月13日(日曜日)午後9時からのNHKスペシャル「原発メルトダウン」を見ました。

想像以上に混乱を極めていた原発内部、「東日本壊滅を覚悟した」と
吉田昌郎所長が語った過酷な現場…。

その吉田所長が病床で事故を振り返り言葉を残していました。

「10人くらい昔から知っているやつこいつらだったら死んでくれるかなと思った。」

その時の、追い詰められて様子が伝わってきます。

「今回あんなすさまじい状態だったんですけど、そういう何か微妙なところですね、
天の助けがないとね、もっとひどいことになっていた。」

つまり、なぜ幸運にも格納容器が爆発しなかったかは、現在も実際に2号機の
近くに行って調べることが出来ないため、本当のところは判っていないという説明
でした。

「もし天の助けがなければ・・・・・」


想像するだけでも恐ろしい言葉です。


地震発生から8カ月間現場で指揮を執り続け吉田所長。

吉田所長は事故から2年4カ月後食道がんでこの世を去りました。

享年58歳。


合掌。

という事で。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回、お会いしましょう!

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!


◎読後感などいただければ幸いです。
お便りは必ず読ませていただいております。

 

*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*
一度だけの人生、心豊かに明るく積極的に生きる。
ハロー話し方教室 代表 福士 敏行・陽子
携帯電話 080-5055-7875
e-mail info@fukushi-navi.com
携帯e-mail fuku-navi@ezweb.ne.jp (PCからの送信不可)
URL http://860hanashikata.fukushi-navi.com
*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞∞*

◎ 過去の≪今週の感動スピーチ≫ バックナンバー 


 
ハロー話し方教室 TOP

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173
 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋