「俺が変わる」

 

お盆の12日、実に11年ぶりに父の田舎である山梨へ主人と二人で墓参りに行ってきた。

平成15年に父が亡くなって、まもなく母の様態がおかしくなり、

そのうち母の介護生活が本格的に?始まり、

母を一人置いて遠出が出来なくなった私にとって

いつのまにか、山梨は遠い町になってしまっていたのだった。

 

その母が亡くなって、ようやく墓参りが出来た。

肩の荷がまた一つ降りたような気がする。

久しぶりに会った義理の叔母や、いとこと話が出来るひとときは

本当に心が和むひと時だった。

「陽子ちゃん、ほんとご苦労様だったね」

「陽子、よく頑張ったな」叔母やいとこの言葉は温かく

一言、一言が心に沁みてくる。

 

話しが母の介護の話しに及んだ時だった。

主人が「本当に陽子ちゃんはよくやったと思います。

傍で僕は、見ているだけでしたが、頭が下がる思いでした。

僕の事は二の次三の次どころか、四の次,五の次でしたが

僕はそれでいいと思いました」

そんな言葉をいきなり発した。

 

すかさず私は照れくささも手伝って、

「『あなたの順番は最下位』って叫んだこともあったわよね」って

切り返した。

「最下位?そりゃ敏さん参るよな」「陽子ちゃん、可笑しい」

叔母やいとこは大爆笑。

「敏さん、よく我慢したなあ」「ほんと偉いわ」

叔母やいとこは主人を褒めることしきり。

 

「いやー『最下位』って言われても、

目の前で陽子ちゃんが、お母さんのお尻拭いたりして

大奮闘している姿を見たら、納得するしかないんですよ」

「うーん、でもなかなかそうは思えんよ」(ここは山梨弁で)

「出来んこったよ」(ここも山梨言葉で)

「まあ、自分を偉そうに言うのもなんですが、

お母さんに「変われ」って言っても、もうどうしようもないし

陽子ちゃんは一生懸命介護しているし、それを「変えろ」って言っても

出来ないだろうし、それで俺、考えたんですよ。

俺が変わればいいんだって、

俺がすべて受け入れて「俺が変わる」って思ったんです」

その言葉に一同シーン。

「ほんと主人には感謝しているの」

「ほんにね」「ありがてえな」

叔母もいとこも目に涙を浮かべていた。

 

私がもしも主人の立場ならそこまで自分の心を変えることが出来ただろうか?

「私だってこんな頑張っているんだからあなたも少しは考えてよ」

そんな風に主人を責める私になってしまったかもしれない。

責めることを私に一切させなかった主人に、今更ながら感謝だ。

 

正直母を介護することは身体的にきつかった。

きつくて、きつくて何度、病院で点滴を受けただろう。

頭だっておかしくなりそうな時もあった。薬は手放せなかった。

「歯がすり減ってるよ。お母さんの病状進んでいるんだね。

あんまり無理しちゃだめだよ。自分の体も大事にしたほうがいいよ」

歯医者さんは私の口の中を見て、私の苦悩を思いやってくれた

 

そんな私の様子を心から理解してくれたのが主人と妹だった。

余計な気遣いを二人とも私には一切させなかった。

それもこれも主人や、妹が心から私を信頼し、すべてを受け入れてくれたから他ならない。

介護に何の悔いもなく、楽しかった思い出しか残っていないのは

身体的にきつくても、精神的なきつさを味あわずに済んだのは

私が一生懸命頑張ったのではなく、支えてくれた全ての人が居てくれた御蔭だと

今更ながらに思う。

私が我儘にならなくて済むように

皆が温かく見守ってくれ、助言してくれ、励ましてくれた。

13日には昔の友人がお供え物を送ってきてくれた。

15日には友人が遠く福島から訪ねてきてくれた。

改めて感謝、感謝のお盆だった。皆にありがとう。

心から礼を述べたい2014年、夏の盆だった。

 

 

 

怪談は人生の階段?

こんばんは。夏、真っ盛りですね。

いかがお過ごしですか?

夏といえば怪談話。

そこで今夜は、私の数ある?体験談から

これはと思うお話をさせていただきますね。

今から15年ほど前の夏。

主人と北海道へ旅行したときのこと。

場所は秘密にしておきます。

(有名な観光地なのでご迷惑かけると申し訳ないので)

旅館に早く到着した私達は夕飯前に近くを散策しようと

散歩に出かけました。

時間はまだ午後の4時。多少曇ってはいましたが、

なんせ真夏。まだまだ周りは明るく

さすが北海道。お盆過ぎの風は少し肌寒いくらい。

ただ夏休みとはいえ、終盤にさしかかった平日だったため人影は見えず。

広めの一本道で見通しは良いが、車は通行止め。

片側は海に面し、低い草が風になびくのみ。

柵の先は切り立った崖。

もう片側はこれ又低いが一面笹に覆われていた。

「熊、注意」の看板に多少たじろぐも

持ってきた鈴を腰につけて二人で徒歩10分ほどの目的地に向かった。

静かだった。向こうからくる人もなく、ただ風の音が下から吹き上がってくる。

「気持ちいいね」「ほんと」ゆく先々で熊の注意は聞いていたので

私達はおしゃべりをしたり、歌を口ずさんだりして散策を楽しんでいた。

と、その時だった。いつの間にか女性が後ろから近づいてきた。と思ったら

主人の横をそれこそすれすれにすれ違ってゆく。

「こんにちは」私と主人は同時に大きな声で彼女に挨拶をした。

彼女は無言で私達を追い抜いた。

「お一人ですか?」「どなたもいらっしゃらないのでご一緒しませんか?」

「熊が出るからお気をつけてくださいね」

主人が大声で何度か声掛けをしたが、女性は振り向くことなく足早に一本道を進んでゆく。

歳は30才前後。長い黒髪。白いシャツブラウスにやはり白っぽいスカート。

足元は、ヒールこそないが白い靴を履いていた。

登山客が多いこの地域にしては、身なりからして不自然さが際立っていた。

「変な人」そう言った私に「世の中色々だから気にしないほうがいいよ」

「でも、挨拶ぐらいしたっていいのにね」「まっ。気にしない。気にしない」

主人はさほど気にもかけていなかった。

「もうすぐだね」一本道を左に曲がれば目的地は間近だった。

左に曲がる彼女の姿が小さく見えた。

「ずいぶん足の早い人ね」「ほんとだね」

私達は並んで歩き、ほぼ同時に二人で道を曲がった。

「えっ?」先に声を上げたのは主人の方だった。

「いないよ」「えーっ?」私は我が目を疑った。

「ほんと。いない。どうしたの?」

視界から彼女の姿が跡形もなく消え、その先に広がるのは

ただ海と空だけだった。

「戻るぞ」間髪入れず主人の大きな声が辺りに響き渡った。

「えっ?どうして?」「いいから。戻るぞ」

主人は有無を言わせず、私の腕を掴むと

一目散にきた道を走り始めた。

「あの人どうしちゃったんだろう?」

「いいからしゃべるな。兎に角急いで走れ」

私は言われるままに、主人と手をつないで走リ続けた。

観光センターの建物が見えてきた時、

主人が息を切らしながら初めて口を開いた。

「今の人、足あったか?」「あったよ。白い靴、履いてたもん」

「何?変な事聞いて」「あの人は、この世の人じゃない」

主人ははっきりと断言する口調で私に言った。

「えーっ。そんな馬鹿な。第一薄暗いたって、まだ4時少し回ったとこよ。

こんな時間に、出ないでしょ。それもあんなはっきりと。

あなただって見たじゃない。まさか。幽霊なんてありえないよ」

「間違いない。あの世の人だ」怖いほど厳しい主人の口調は

私を驚かせるためでも、まして茶化すでもなく

真剣そのものだった。怯えるような気弱な主人ではないことは

私もじゅうじゅう承知していたので、その言葉に正直驚いたほどだった。

私に話したことで落ち着きを取り戻したのか、

主人は、「万が一自殺で、崖から飛び降りたかもしれないから

観光センターには話しておこう」

私達は崖の上で起こった不思議な出来事を係の人に話した。

係の人は首をかしげながらこう言った。

「うーん。お客さんの後は、誰も行ってないんですよね。

おかしいな?女の人?それもお一人?」

怪訝な様子だったが「解りました。ご親切にありがとうございました」

丁寧な返事を返してくれた。

旅館に戻り、眺めの良い露天風呂に浸かった私は一日の疲れもあり、

先ほどの事件?のことは正直忘れかけていた。

部屋に戻ると主人も程なく浴衣姿で戻ってきた。

「いや気持ち良かったよ」「それは良かったわ」

主人の上機嫌な様子に私もほっとした。

しかし、主人はやはり気になっていたのだ。

「実はさっきの、女の人のことなんだけど。

風呂に入っても、やっぱり気になって、

今、ここの主人に「自殺かもしれないから、警察に知らせて」って話したらさ、

『お客さんもお会いになりましたか』って」

「えーっ」私は再び驚きを隠せなかった。

「『お客さんの仰る通り、この世の人ではないんです』って言われちゃったよ」

 

何でも旅館のご主人に話では、もっぱら有名な話で

地元の人で知らない人はいないとの事。

旅館の宿泊客からも、その目撃談は多数寄せられ、

やはり皆さん、白昼堂々とお出でに?なられるその姿に

この世の人と間違えて、私達同様

「警察に知らせた方がいい」と本気で心配されるとの事。

 

『髪の長い女の人でしょ。年の頃は30才ぐらい。そうそう細身の色白。

間違いないです。あの崖のところでフッて消えちゃうんですよね』

旅館のご主人もお会い?したそうなので、なんとも悠然とした受け答えに

「驚かないどころか、『あ~』ってな感じで、なんかこっちが拍子抜けしちゃったよ」

「通りで、観光センターの人も慌ててなかったもんね」

主人曰く「出るんなら、まだ熊のほうがよかったな」

「どっちもいやだよー」

その晩は小雨が降りだし、8月だというのに妙な寒さになった。

旅館では親切に、ストーブと厚手の毛布を手配してくれたが、

背中がやけにゾクゾクしてなかなか寝付けなかったのは言うまでもない。

 

でも今の時代、この世の人のほうがよっぽど怖いよね。

なんか熊なら鈴で逃げてくれそうだし、「幽霊は成仏して」と、

いつも優しく?念じて諭す?と、今のところ皆様?おとなしく消えてくれるもの。

でも、この世の、生身の人間は煩悩の塊だからそうはいかない。

 

今日だって、新潟の方で起きた連続女性殺人事件のニュースで賑わって?いるし。

そうそう、あの輩やたら足が速くない?

あれだけのスピード出せるなら陸上選手にでもなれたんじゃないの。

あーあ。残念ね。地獄行きは決定だから閻魔様から逃れるのは無理ね。

 

三鷹で起きた女子高生ストーカー事件の機関車みたいな?輩の判決は

あれだけ?騒いでもたった22年だなんて。

まっ、クローゼットであれだけ粘れる根性の持ち主だから

22年なんて彼にとっては、あっという間でしょうけど。

 

長崎の佐世保では、女子高校生が同級生を「マグロの解体ショーか」と

思うほどの事を一人で、軽々やってのけるし。

「我慢できなかった」って言うけど、学業優秀だったらしいから

もう少し我慢して、もう少し勉強して、

その類稀な?探究心を(彼女は残念ながら欲求に負けたけれど)

好きなことに活かして例えば、外科医にでもなれば、

いくらでも解剖の勉強ができたのに、ましてや

その先には、「人のために生きる道」がいくらでも無限に広がっていたのに

そう思うと、やっぱり残念だなと思う。

ごめんなさい。外科医の方に失礼なと、怒られそうだけど

その違いは、天と地ほどの開きがあり、

暗黒に広がるさらなる深淵の闇と、

天上に満ち溢れるほどの金精の光ほどの差になる。

どちらがいいかは、勿論聞くまでもないが。

 

どの事件も「もう少しなんとかならなかったのか?」とか

「何故?他に活かせなかったのか?」と

思うことばかり。

 

この「もう少し」や、「何故?」がこの世に生きる人々に与えられた物なのかもしれない。

そう思うと熊や幽霊さえも愛おしく?

問題解決への道も見えてくるような気がするのは

私の単なる勘違いかしら?

もちろん近道などあるはずもなく、早まってしまえば落とし穴が待っているのは

世の常だとこの年になれば、じゅうじゅう承知しているつもりだが

やっぱり私も人の子。そう思うと怪談ならぬ人生の階段踏み外さないよう気をつけないと

キャ~怖い。

それでは皆様おやすみなさい。