きっかけは挨拶だった

こんにちは、皆様お元気でいらっしゃいますか?

こちら東京は台風の被害もなく、只今雲の間から薄い日差しが

差し込んで参りました。皆様の地方はいかがでらっしゃいますか?

被害にあわれた地方の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて先日、私ども夫婦は以前住んでいたマンションの

お月見会なる催しに、参加させていただき大変楽しいひと時を

過ごして参りました。理事会の方が是非にと呼んでくださったのです。

何とありがたいことでしょう。引越ししてからもう4年近い歳月が流れているというのに。

私どもは喜んで、図々しく参加させていただきました。

マンションの屋上には、すすきや、お供え物が用意され、

テーブルには、お酒や沢山のお料理が並び、住人の皆さんの演奏会もあり

素晴らしいコンサートさながらの名演奏を聴き、

懐かしい方がたと、杯を重ね、歌い、笑いほんとうに楽しい歓談のひと時でした。

ああ私達はなんと幸せな場所に住んでいたのだろうか。

改めて、マンションの住人の方がたに深く感謝した次第です。

 

思えば始めは、まったくの見ず知らずの他人同士。

それが心許しあって話しができるマンションの住人同士。

こうなるには、ささやかな挨拶という心がけがあったからだと思います。

それも、一人だけではぜったいだめです。

住んでいる多くの方の心がけあっての賜物だと思うのです。

「おはようございます」エレベーターの中で、廊下で確かに

皆さん明るい挨拶をされていました。

「先日、お隣に引っ越してきたものです。よろしくお願いします」

きっかけは、そんな小さな挨拶からでした。

そんな輪が広がって、年一回の日帰り温泉旅行も、やがて毎年の行事になり

年々参加人数が多くなり、それは楽しい催しでした。

マンションの人たちと温泉旅行?驚かれるかもしれませんが

一人一人の心がけ、または志といったら言いのでしょうか?

このパワーの結集があったればこそ、今では心の財産になっているあの温泉旅行。

 

遠くの親戚より、いざとなったら近くの他人。この気持ちが薄れている昨今だからこそ

もう一度、身近なお隣さんから、考えてみませんか?

気難しいと思っていたお隣のおばちゃんは、案外いい人かもしれませんよ。

ぶすっとしていたおじさんが、結構いけるチョイ悪おやじで、同じ趣味で盛り上がったりするかも?

大地震で逃げ送れ一人部屋に閉じ込められ時、

マンションでエレベーターが止まった時、助けてくれる命の恩人になる人は、

遠い所に住む親、兄弟じゃありませんよ。

あなたが今朝黙ってすれ違った

同じマンションに住む住人の方じゃないでしょうか?

大切なこと忘れて「のほほん」と暮らしていませんか?

さあ、どうですか?ひとつ勇気を出してこちらから声かけてみませんか?

「おはようございます」。あなたの一言がきっかけで

お隣さんがあなたの人生にとってかけがえのない人になる。

そんな奇跡が、この世には本当にあるんですよ。

さあ、この次その奇跡を作るのは、あなたの番です。

それでは、皆様ごきげんよう。

youko


きっかけは挨拶だった” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>