元気は伝染する?

みなさんこんにちは。ごきげんいかがでらっしゃいますか?

お陰様で私もだいぶ元気になって参りました。

朝晩めっきり涼しくなり、夕刻虫の鳴き声を聞きながら

帰る家路は、なんとも風情があっていいものですね。

 

さて先日、私は築地にある国立がんセンターへ、

肺炎の再検査に行って参りました。

なんせ原因不明の、肺炎だったものですから

先生は癌を疑われたのですが、お陰様で癌ではなかった安堵感もあり

再検査に行っても、「さて検査が終わったら、築地で何を食べようかな?」などと

のんきな事を考えながら、順番を待っていました。

 

フロアーには10名ほどの人が、座っていました。

「○○さーん」、白衣を着た検査技師さんが、直接ドアを開けて

一人一人の名前を呼んでくれるのですが、初めのうち

誰一人として、返事をせず、ドアの中へスーッと入っていくのを見ながら

私は、「みんな返事したらいいのになあ」と思っていました。

でも良く考えたらここにいるほとんどの人が、癌か、又は癌の疑いがある人ばかり。

私を除いて皆さん相当不安を抱えてここに座っているんだもの。

 

明るく元気な声なんて出ないよなあ。無理もないよね。

などと思い直したりしていました。

 

その時です。「○○さーん」「はい」。

初めて返事をした人がいたのです。それもとびっきり元気な声で。

嬉しいじゃありませんか。

私が検査技師さんならサービスしちゃうな。(なんのサービスじゃい?)

それほどはきはきした大きな声だったのです。

その方は、初老のいかにもジェントルマンといういでたちの方でした。

さらに帽子を取りながら、「お世話になります。よろしくお願いします」。

 

私はその場の空気がサーッと変わっていくのを、はっきりと感じ取りました。

私の予感は的中でした。

なんと次の人から呼ばれる人、呼ばれる人全て「ハイ、ハイ」。

いやーそれも元気いっぱい。こりゃ一人も癌じゃないぞと

思えるほど、それほど皆さん元気に返事をして

検査室に入っていかれました。

 

明るく元気な挨拶。

やっぱりいいものですね。

検査技師さんたちも明るくキビキビ働いていらして

気持ちが良かったです。

「もしかしたらこれも挨拶の相乗効果がもたらしたものなのかも。

そうだとしたらあの初老の紳士の功績は多大じゃない。」

私は血液を取られながら、なぜか嬉しい気分になったのでした。

 

それにしても元気な挨拶は、伝染するものなのですね。

インフルエンザの伝染は困るけれど、こんな伝染なら

いち早く、移りたいなと思った私です。

 

それでは皆様ごきげんよう。

youko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>