東京マラソンで感じた「心のふれあい」

東京マラソンに参加された選手の皆さん、
本日はお疲れ様でした。
激しい雨の中、一生懸命走っていらっしゃる
皆さんの姿に、心熱くなるものを感じました。

又この大会の運営にあたり、陰なる力になった
多くの方がた、本当にご苦労様でございました。
皆様のお力あっての大会だったと思います。

お陰様で私もこの「お祭り?」を
大いに楽しませていただきました。

何ゆえ楽しかったか?
それはたった一人でも
人目もはばからず声を張り上げて
応援させていただいたから。

沿道に沢山の人が集まっても
ただだまって見ていたら
走っている方が
「力が出ないんじゃないかな?」
そう思って声を掛けさせていただきました。

自分がもし走っていて「頑張って」と声掛けられたら
嬉しいもの。
そう思って声を掛けさせていただきました。

「お祭り」だもの。
自分から楽しみを見つけに行かなくちゃ。
楽しみなんて、自分からアクション起こさない限り
やってこないもの。
せっかく東京に住んでいて、
それも自分の家のすぐ側を通るのに、
何もしないなんて。「そんなの女がすたるわ」
(またー、大げさなんだから)

日本のみならず、世界中からこの東京に
折角来て下さるんだもの。
「楽しかった」って言って帰ってもらわなきゃ。
「江戸っ子の気がすまないってもんよ」
(あら、お姉さんいつから江戸っ子になったのよ?)
まっ、硬い話はこの際抜き。

だってホントの楽しみって「人と人の心のふれあい」で
作られるものだと思うから。

私の前を駆けぬけて行った、
名も知らぬ沢山の選手の皆さん。

私の声届きましたか?
こちらこそ楽しませていただき
ありがとうございました。

ある人は「応援ありがとう」と言って走っていかれました。
ある人は親指を立てて笑顔で走り去りました。
又ある人は、大きく手を振って応えてくれました。

「心のふれあい」が私の心に、ワクワクする楽しみを
もたらせてくれました。

「頑張って」という、たったそれだけの私の言葉だけれど、
「ありがとう」と交わした、見ず知らず同士の
たったひとことの「会話」だけれど
心に残る、心が通う温かいつながりを
持つ事が出来ました。

大きな声出してすっきりしたわ。
自分の「思いを声に出す」ってなんて気持ちいいんだろう。
ひさしぶりに、爽やかな気持ちにさせていただきました。

皆さんの頑張る姿を拝見して、私も元気に
なりました。
冷たい雨の中に、「春を感じるような」一日でした。

明日から又お互い元気でがんばりましょう。
本当に皆さん、お疲れ様でした。

youko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>