試された旅

 

 

母が亡くなって49日の法要を終えたのは3月15日だった。

「この日までは倒れてはならぬ」と自分に言い聞かせた。

すでに私の体は6年近い介護ですっかり疲れ切っていた。

それでも体に鞭打って何とか踏ん張った。

 

葬儀、お寺への挨拶、墓石の手配

役所の手続き、親戚、知人、友人への知らせ等々の

一連の流れは、事務的ではあるが

気遣いと心配りには仏事のしきたりも手伝って

相当神経をとがらせる。

正直親を亡くした寂しさなど忘れるほどだった。

ようやく一息できるのがこの49日。

 

「終わった」ホッとしたのも、束の間だった。

 

3月末の冷たい雨の降る朝、言いようのない不安が全身に襲い掛かり

居てもたってもいられない。

とにかく苦しい。胸が痛くて息をすることすらままならない。

「どうしたんだろう」

益々不安が募ってくる。

「とにかく病院へ」

 

「永い間介護ごくろうさまでした。頑張られましたね。

疲れたでしょう。しばらくゆっくり休んでください」

医師の診断は、神経すなわちストレスからくるものだった。

 

初めてお会いした内科医だったが、握りこぶしを両ひざにおいて

「ご苦労様でした」と頭を下げられたときは、大変恐縮した。

 

だが、同時に胸にこみ上げるものがあった。

母を亡くした寂しさ、切なさがじわじわ胸にあふれた。

「ありがとうございます」

先生に丁寧にお礼の言葉を申し上げた時、

胸の痛みは消えていた。

頭と心と体。私は再び三位一体の大切さを教えられた。

 

一度目は再三お話しさせていただいている、肺炎の時。

二度目母の介護を始めた当初。

三度目は東日本大震災時。

 

いずれも体に変調をきたし、頭の中の整理がつかず、

心が押しつぶされたような状態。

 

具体的には体が痛む、生理が止まる、発疹が出る

眼球や顔の神経がぴくぴくするなどなど

さまざまな症状が体に現れる。

 

新聞の内容は理解できても要点をまとめられなかったのは

母の介護を始めて半年後。

料理の手順が思い出せなかったのは肺炎で入院し、退院直後。

幸い一日でもとに戻ったが、パニックになりそうだった。

震災時においてはヘルメットをかぶったまま

一週間食事をしたらしい?のだが

未だにそのことは思い出せない。

父を亡くした時は、ぽっかり胸に穴が開いたようだった。

あの時は葬儀後の、3日間ほどの記憶がすっぽり抜け落ちている。

あんまり悲しいと人は記憶を失くすみたいだ。

 

心が押しつぶされたというかぽっかり穴が開いた状態の時は

これは私特有なものなのか?

何より手紙が書けないというのが経験上解った。

 

手紙すなわち文章が書けない。

書きたくない。心を表現したくない。

閉じ込めたい。誰にも知られたくない。

 

悲しみや切なさ、怒り嘆き。

さまざまな心模様が渦を巻いて

私に襲い掛かる。

 

私の心は私と格闘を始める。

それが又頭を混乱させ、体をいじめてゆく。

 

救ってくれるのは緩やかに過ぎる時間と

穏やかな空間と

大いなる自然と静かなる芸術だと

これも経験から学んだ。

 

何も難しいことはない。

 

好きな本や音楽に触れるだけで

それは素敵な鑑賞だと私は思う。

 

立派な絵を鑑賞できなくても

朝日や夕景や庭の花を愛でたり

足を止められたらそれはもう

生きている観照なのだと思う。

 

観照。すなわち物事の本質を見極める。

 

先日、神奈川県の大山国定公園にある

大山神社に登ってきた。

久しぶり実に7年ぶりの登山だった。

「病み上がりで大丈夫か」

不安はあったがとにかくトライだ。

だめならだめでいい。

行けるところまで行ければそれで良し。

そんな軽い気持ちで主人と二人で家を出た。

 

小雨模様のあいにくの天気でガスが深くなり

頂上一歩手前で

引き返しを余儀なくされたが

歩いてる道中はとても楽しいものだった。

 

息が上がり、汗まみれになったが

この根性なしの私が

「もうだめ」と思わなかったのが摩訶不思議。

とにかく一歩また一歩と

足が軽やかに進んでくれたことは

私にとって大きな成果だった。

 

「頑張れた」麓の温泉の湯にどっぷりつかった私は

安堵と自信をもその滔々と湛えた湯船に浸し悦に入った。

 

最初から何も期待せず山に登ったが、自分自身を取り戻し

自身を試される山登りだったと

下山後、神社の鳥居で頭を下げた時思った。

「ありがとうございました」心から言葉を発することが出来たのも

山の神様?大いなる自然の神様?の御蔭かな。

そんなことさえ思える旅だった。

 

本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>