話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーション能力向上 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR
       

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

会議・司会・進行

『発散の仕方@ グループ討議・ペアー討議その他』

これまで発散の仕方としてストラクチャード・ラウンド、ブレーンストーミング、ブレインライティング、のお話しをしました。
いずれの方法も、一人残らず全員からより多くの案を集めようという狙いです。

少し頭を切り替えてみましょう。
大事なことはより多くの案を出すことですね。それも全員が遠慮なくいい残しがないように。

そこで、以下のような話し合いも案外使えます。
そこで案外使えるのが、

1、グループ討議・ペアー討議
3人のグループであるいは2人ペアーで話し合ってもらうのです。
大人数と遠慮してしまう人でも、2〜3名程度の人数ですと語りやすいものです。
この人間の心理をリ用意し泣いてはありません。

2、席替え
1の応用ですが、席を移動して他の人と組むのです。
複数の人の意見を何回かに分けて聞くことにより、より多くの人と意見を交わすことになります。
その結果、全員での話し合いに戻っても、割と意見のいいやすし、いい雰囲気の中で会議に差名kすることができます。

3、会議室を出る
哲学者“カント”は散歩を日課としていたそうです。
日本にも多くの哲学の道があるように、狭い部屋の中にいる時には思いつかないようなアイディアも生まれたりします。
思い切って、全員、会議室を出て歩きながら考えるのも一度やってみる価値はあります。

4、赤ちょうちん
言わずと知れた赤ちょうちん会議。
『会議後の赤ちょうちんが本会議」という川柳があるくらいしらふでは思いつかないようなアイディアが生まれます。
また、『会議で堂々と発言するコツ その2←準備8割・本番2割』でも触れたように、飲みニュケーションといわれるように日頃の円滑なコミニュケーションがあってこそ、 いざ会議本番であってもいらぬ遠慮・緊張から開放され内容のある会議に繋がります。
もちろん、会議参加者一人ひとりのそれなりの意識がありませんと、不平不満の吐き所になっては本末転倒ですが。

 

 

 

ワンポイントレッスンに戻る

 ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜  
電話
03-6869-7173

 

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜