話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーション能力向上 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

会議・司会・進行

『帰納法(一理三例法)』

帰納法(一理三例法)とは一つの内容(理屈・理論)を証明・実証するのに具体例を三例(必ず三例というわけではありません)挙げて実証する方法です。
プレゼンテーションでは必須のテクニックです。

それでは例を挙げてご説明します。

仮説(主張):「人間は死ぬ」
例1:龍馬は死んだ
例2:家康もしんだ
例3:ケネディーも死んだ
結論:だから人間は死ぬ。


仮説(主張):「新製品Aは断然お買い得だ」
例1:新製品Aは従来のに比べて新機能が付き使勝手が良くなった。具体的には・・・・
例2:さらに小型化され置き場所に困らない。具体的には・・・・
例3:その割りに新製品Aは他社の同機能の製品より価格的に同レベル。具体的には・・・・
結論:したがって新製品Aは断然お買い得だ。


仮説(主張):「固定概念に縛られていては大発見はあり得ない」
例1:本田宗一郎は自転車にエンジンを付けた
例2:レコーダーは録音できるのが常識の時代があった。しかし盛田昭夫は再生しか出来ないウォークマンを世に送った。
例3:今や私たちの生活に欠かせない宅急便を創始したのが小倉昌男だ。
当時はなかった個人の家まで配達する宅配便を役員全体の反対を押し切って始めた。
結論:したがって固定概念に縛られていては大発見はあり得ない。


仮説(主張)をだれでもが納得できる例を3つぐらい挙げることによって証明する方法です。
ナンバーリングと呼ぶこともあります。

 

 

ワンポイントレッスンに戻る

 ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜  
電話
03-6869-7173

 

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜