ハロー話し方教室 受講生の声

ハロー話し方教室の卒業生が本を出版されました。
ハロー話し方教室での体験をもとにした内容です。

タイトルは、
「アガリ症を恐れないで!!〜仲間がいたから頑張れた〜」 です。

↓↓↓↓↓
アガリ症を恐れないで!東京 大阪 名古屋 横浜

ご購入ご希望の方はAmazonで購入できます。

 

受講生の声を一部ご紹介させていただきます

 
精神的に変わることが出来た」会社員/20代(女性)
今までの、スピーチへのとてつもない恐怖感は一体何だったのだろうというくらい、精神的にも変わることのできた一日でした。』
 
泳ぎは水に入らないと覚えない」会社員/30代(男性)
「泳ぎは水に入らないと覚えない」と言う先生の言葉の意味を実感しております。話し方も、頭で考えて悩んでいても、何にも変わらないという当たり前のことが分かりました。もっと早く話し方の勉強をしておけばよかったと思います。

 
少人数が良かった」会社員/30代(女性)
教室に行くと生徒さんが少なかったのですが、私は「これ幸い、たくさん練習ができる」と考えました。お陰で自分のスピーチの番が、何回も何回も廻ってきて、あがっている暇もないほどでした。これが功をなしたのでしょう。 何度も実習しているうちに、自分が変わっていくのをはっきり感じ取ることができました。
 
 
追い込まれたえことがよかった」一般事務/30代(女性)
私は会社の送別会で急に指名され『よろしくお願いします。』の言うのがやっとでした。 参加していた上司、同僚、後輩の皆もあっけに取られた様子が表情にはっきり表れていました。私は恥ずかしさで一刻も早くその場から消え去りたい気持でした。 もう迷って入られませんでした。早速ネットでハロー話し方教室を探し参加しました。今では、時間を巻き戻して、もう一度あの場に立ち、マイクを向けられたい気分です。今思えば追い込まれたことがよかったです。


 
結婚披露宴での親族代表スピーチを成功することができました」保険代理店/50代(男性)
福士先生、T・Iです。昨日(20日)、102人の結婚披露宴での親族代表スピーチを成功することができました。ステージ上でスポットライトを浴びてのスピーチには当然ながら緊張もありましたが、あらかじめ用意したメモにも頼ることなく我ながら不思議なくらい最後まで落ち着いて話すことが出来ました。機会があれば、またステージでスポットライトを浴びてみたいなあ…とさえ思ってます。
 

話し上手は聞き上手」経理事務/30代(女性)
私はいつも人との会話が続かなくって困っていました。福士先生に「話し上手は聞き上手」と指導されました。私は今まで「何を話そう?どうどう話そう?」と自分が話すことに無理をしていたと思います。相手と上手くコミニュケーション取るためには「まず相手に関心を持ち、相手を知る努力をする」ことが大事だとわかり、と同時に「話さなければいけないプレッシャー」から解放されました。
 
繰り返しの練習が良かった」営業/30代(男性)
私は、人の前に立つと、緊張の余り思うことの半分も話せません。話せないどころか、呼吸が苦しくなることさえありました。 話し方教室のことは、以前から知っておりましたが、ワラにすがる気持ちで話し方の教室に通いました。 授業は<実践中心の勉強>でした。「気が付くまで、できるまで」何度も何度もくりかえし練習させていただきました。それが大変役に立ちました。
 
悩んでいるのは自分だけではなかった」エンジニア/30代(男性)
初め、ついて行けるだろうか、皆自分よりはるかにレベルが上なのではないかと心配のままハロー話し方教室に参加しました。ところが、いざ受講してみると、悩んでいるのは自分だけでなく、他の皆さんも同じだということがわかりました。みなさんがいい人ばかりで、お互い気が付いたことをアドヴァイスを下さり、そして少しずつですが、話すことにも慣れてきたようです。

 

改善点が明確になった」自営業/40代(男性)
話し方教室に通うまでは、話し方教室は単に話し方のテクニックを学ぶ教室と思っておりました。しかし、実際に受講してみて分かったのですが、単に話すテクニックだけでなくメンタル面も大きな要素になっていることがはっきりわかりました。今回の受講で自分の問題はそこにあるといおうことが明確になり、自分の改善する点が明確になったことがよかったです。

 

やはり実践できる場」会社役員/40代(男性)
スピーチ本を買って読んだりしましたが、やはり実践できる場で勉強したいと考えネットで調べハロー話し方教室に参加しました。 やはり知識だけでは身につくものではなく、実践の場が必要だとしみじみ感じました。

 

回数をこなして上がり解消」看護士/30代(男性)
何度も回数を重ねるうちに、だんだん上がることも少なくなりました。
 
 

習うより慣れろを実感」 (名古屋会場 Gさん・女性)
授業は話しの組み立ての基本から始まり、その後は実際に練習です。
先生から改善点も指摘されましたが、何回もやっていくうちに自信も生まれました。
改めて「習うより慣れろ」を実感しました。


「スピーチに対する意欲が生まれた」(大阪会場 Bさん・男性)
「スピーチ漬けの2日間!!」というが気に入り受講しました。
確かに私の場合は、苦手意識もあってスピーチから逃げてきたことが大きな原因でありました。
2日間で10回以上スピーチをさせて頂きました。おかげであれほど逃げていたスピーチに対する意欲が生まれたことは大きな成果でした。


「生まれながら話しが苦手なのではないことがわかった」(横浜会場 Fさん・女性) 
「他の人はうまいのに、自分は生まれながら話しが苦手なんだ」と、あきらめていました。
ある時話しの上手いHさんに「どうしてそんなに上手なんですか?」と聞きました。すると「話し方教室に通ったり、本を読んだり色々苦労しているよ」と話してくれました。
「生まれながら話しが苦手なんだ」とわかりハロー話し方教室を受講させていただきました


「人間関係は正しい言葉づかいから」 (京都会場 Dさん・男性)
私は人間関係がどうもうまくいかないで悩んでいました。原因は言葉の使い方、コミニュケーションにあると感じ受講させていただきました。
今まで無意識に使っていた言葉の使い方によって良い人間関係にもなれば悪い人間関係にもなることが身をもって知ることができました。


「性格が明るくなった」(京都会場 Uさん・女性)
話しが苦手、これが私の最大の悩みでした。
話しが苦手だと、何事も消極的、消極的だから暗い性格に見られるそんな自分を変えたくて受講しました。
先生のお話を聞き自分がいかにマイナス思考であるか気づかされました。
「悩みは悩む人の中にある」と言います。このセミナーを受けて自分でも明るくなったと思います。


迷うよりまず行動!」(名古屋会場 Mさん・男性)
 そのとき上司が、話し方教室を勧めてくれました。
プレゼンテーション当日、やはり緊張しました。しかし、事前に準備をやるだけやったお陰で、自分でも練習通り上手く終えることが出来ました。上司からも『良かったぞ!上出来だ!』と褒められました。
このときの嬉しさは一生忘れられません。

 

やれるところから無理なくやる」(上野会場 Sさん・女性)
 私は人前に立つと。声が震えたり、体が震えたりすることでずっと悩んでいました。個人指導は、懇切丁寧に指導してくださいました。その結果、朝の朝礼でも不思議なことに、上がらずに話すことが出来ました。何でだろう?恐らく私の場合は、いきなり難しい場面ばかりであったのが、自信を失わせていたと思います。先生のご指導のもと、やれるところから無理なく順序だって行えば、やれることに気が付きました。