好感度抜群の「接客」

先日近江グリーンロードというお気に入りの道をドライブしたときのこと。

 

朝宮茶の産地で道端のお茶の販売と軽い食事ができるお店に入りました。

 

店内は東京の渋谷とは違いゆったりとした空間で、隣の声は届かない程テーブルとテーブルの間も離れている快適空間でした。

 

よくある隣との視線を遮る敷居がないのもうなずけます。
 

ほうじ茶入りのケーキと冷茶はおススメメニューのようでした。

 

小腹もすいていたのでお茶入り蕎麦も注文しようとしたところ14:00がオーダーストップとメニューの下に書いてあり、

 

諦めかけたところ注文を取りに来た40~50代の女性が満面笑みで首をかしげ、

 

「ちょっとお持ちいただけますか?今訊いてまいります」とのこと。

 

マニュアルではないあまりにもの感じのいい心からの接客にこの店を選んだことにもう十分満足☆(^o^) (^o^)

 

万一断られてもこちらも倍返しの満面の笑顔で「いいですよ!」と返そうと強く思いました。

 

ニコニコ、ニコニコと戻ってきた女性は「せっかく来て下さったので、大丈夫だそうです!」と我がことのように喜んで下さる。

 
 

なんと表現したらいいのだろう???!!!!!
 

 

こんな気持ちが癒される接客はしばらく記憶がないのでは!!!!????

 

そう、頂いたのは美味しい料理とどんな一流レストランにも負けない好感度抜群の「接客」という名のメインディシュでした。

 

改めてこの店に導いて下さった幸運の女神に感謝したいほど新鮮な感じを持ちました。
 
P.S.多くの会社で実施いている社員研修。立派の講師の話よりこんなお店にきて
 
接客をまじかに体験したほうがよっぽど実のある社員研修になるのではないでしょうか?!
カテゴリー: コミニュケーション | コメントをどうぞ

『Think different.』

カテゴリー: コミニュケーション | コメントをどうぞ

予測を上回る行動

私のマンションにお掃除の女性Mさんがいらっしゃいます。
なんと御年80歳、現役でいつもニコニコと動き回っていらっしゃる。

そんなお人柄だからつい立ち話をしてしまうこともちらほら。
また、何か頂き物があるとお互いお裾分けをしたりしています。

去年Mさんお手製の紫蘇ジュースをいただき、大変おいしかったので今年我が家でも紫蘇ジュース作りに挑戦しました。
しかし、Mさんが作られたようにはうまくいきませんでした。

そこでMさんにそのことを話すと「私はこれこれこうして・・・」と丁寧に説明してくれました。

数日後、またマンションでお会いすると「荻原さん、これ」といって紫蘇ジュースの作り方のコピーを持ってきてくださいました。

私は、話しの説明で終わったと思っていましたが、言葉では忘れることも、紙に書いてあれば正確かつ忘れることはなく助かりました。

今回もMさんから学ばせていただきました。

親切な行為とは言葉だけでなく、もちろん言葉だけでも十分な時もあるでしょうが、やれることは何でもとことんやる、そんな姿勢を学ばせていただきました。

以前、日本で大躍進をしたアメリカのホテルチェーン、リッツカールトンホテルの日本支社の支配人さんからお話を伺ったことがあります。

リッツカールトンホテルでは「NOといわないサービス」というのがあるそうです。

普通なら丁寧にお断りすればすむことでも断らない。

お客様が予測する以上のサービスを提供しお客様を「アッ!」といわせることをポリシーとしているそうです。

 

普通のサービスは誰にでもできること。

 

四角い部屋を四角く掃除するのは当然。
さらに壁、窓、天井まで掃除してしまう。

企業でも個人でも同じだとおもいます。

やれることはとことんやって喜んでいただく。

是非見習いたいと思います。

 

 

カテゴリー: コミニュケーション | コメントをどうぞ

3分スピーチに挑戦 近江商人にみた「商売の原点」

カテゴリー: コミニュケーション | コメントをどうぞ

山菜取りと小野道風

わらび

先日4月20日、卓球仲間5人と車に同乗して比良山系に山菜取りに行ってきました。

途中、スパー平和堂に立ち寄り各自好みのお弁当を購入し、いざ、目的の場所に
向かいました。

暖かい春の日差しの中、アニメに夢中で他のことが目に入らない幼児と同じ、
誰もが無言で(途中蛇が出て「わっ、蛇~」と私がいったっだけ)無心になってわらびを
取りました。

採取している間、頭の中にドーパミンがドッバーと流れる感じです。

スパー袋に一杯山菜を取った後、少し場所を移動したところに東屋がありそこでお弁当
を広げました。

そこからは琵琶湖が一望出来てそれはそれは見事な景色です。

帰りは道の駅「妹子の郷」でお土産を買いました。

「妹子の郷」というようにここは平安時代小野一族が住んでいたところです。

小野妹子神社や小野道風神社があります。

ところで、小野道風。

小野道風は平安時代の貴族・書道家であり「三跡」の一人と称されるほどの書道
の達人です。

その道風が、自分の才能のなさに自己嫌悪に陥り、書道をやめようかと真剣に悩ん
でいる程のスランプに陥っていた時のこと。

ある雨の日散歩に出かけていて、柳に蛙が飛びつこうと、
何度も挑戦している姿を見て「蛙はバカだ。いくら飛んでも柳に飛びつけるわけないのに」と
バカにしていた時、偶然にも強い風が吹き、柳がしなり、見事に飛び移れた。

これを見た道風は「バカは自分だ。蛙は一生懸命努力をして偶然を自分のものとしたのに、
自分はそれほどの努力をしていない」と目が覚めるような思いをして、血を滲むほどの努力を
するきっかけになったという逸話が残っていて花札の絵柄もこの逸話を題材としています。

卓球上達に伸び悩んでいる私(福士)には身に沁みるものがありました。

という事で。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー: うつ病, どもり, アガリ症, コミニュケーション, スピーチ, プラス思考, プレゼンテーション, 人に好かれる話し方, 人見知り, 人間関係改善, 会議・司会・進行, 婚活・お見合い, 就活・転職, 就活面接, 社会不安SAD, 結婚式挨拶, 自己紹介, 話し下手, 話し方 名古屋, 話し方 大阪, 話し方 東京, 話し方 横浜, 話し方教室, 論理的な話し方, | コメントをどうぞ

Have a nice time. どうせなら楽しく暮らそう!

楽しく暮らそう!
待ちに待った連休。
夫婦で旅行です。

 

お互い非日常にハイになっていたのでしょう。
楽しみ半分、ピリピリ半分。

 

ちょっとしたことから喧嘩が始まり、行きも帰りもとうとう一言も口を利かなかった、
という話は結構よく聞く話です。(ゾッ-)

 

旅行一つとっても心掛け一つで楽しい旅行にもなれば嫌な思いでに化すこともあるんですね。
あいてが探し物でぐずぐずしています。
「何やってんの!」と責めたらおしまい。
「じかんはまだある。ゆっくり探しな、一緒に探そう!」

 

旅先の楽しみにしていた桜が散っていいた。
「だからちゃんと調べておいてと言ったじゃない!」と責めごごろたっぷり言っていませんか?
そんな時、
「また来いということよ」「(ウソでも)これもまた風流だね」
といえるかな?
旅でも日々の生活でも仕事でも、本当に賢い人の生き方は

 

「楽しい旅にしよう」
「楽しく仕事を使用」
「楽しい人生を送ろう」
という考えの持ち主ではないかと思う。

 

休暇でどこかへ出かけるお友だちや子供たちへ
Have a nice time.
Have a nice trip.

 

金曜日には、街角でも、会社でも、用が終わって帰るときに、さよならの代わりに、
Have a nice weekend!
と一声。

 

朝出かけるときには、
Have a nice day!
と送り出してください。

 

もう夜の10時です。
Good night!
おやすみなさい・・・。
Have a good dream.
Have a good sleep.
と笑顔を添えてこころから。

 
と、いえたらいいな。
 

カテゴリー: うつ病, どもり, アガリ症, コミニュケーション, スピーチ, プラス思考, プレゼンテーション, 人に好かれる話し方, 人見知り, 人間関係改善, 会議・司会・進行, 婚活・お見合い, 就活・転職, 就活面接, 社会不安SAD, 結婚式挨拶, 話し下手, 話し方 名古屋, 話し方 大阪, 話し方 東京, 話し方 横浜, 話し方教室, 論理的な話し方, | コメントをどうぞ

山の辺の道を歩いて

先日、3月中旬、知人から勧められた奈良県の山の辺の道を
歩いてみました。

山の辺の道は日本最古の古道の一つです。

道沿いには天皇の古墳がいくつもある歴史色の濃い道です。

先ず日本最古の神社として「石上神宮」から出発です。

━━物部氏━━

説明を読むと、私なんか教科書でしか知り得なかった物部氏を祀った
神社だそうです。

(すごいとこに来ちゃったな)

といきなりのけぞってしまいます。

鬱蒼とした杉木立に囲まれた参道を過ぎると、放し飼いにされた鶏の
大きな鳴き声に驚かされます。

この鶏は神鶏であり大切に保護されているようです。

DSCN1011

道沿いには蜜柑の実を集めどっさりと垂れている蜜柑の木が野生の
ようにいたるところに生えています。

実はこの地域は蜜柑の発祥地ということもあり道中いくつもの蜜柑の
無人スタンドがあり、それを食べながら散策するハイカーもいました。

DSCN1054

少し行くと、永久2(1114)年、鳥羽天皇の勅願により創建されたと
伝えられる永久寺跡がありました。

 

盛時には五町四方の寺域と五十余の堂塔を有し、「関西の日光」と呼
ばれるほどの大寺院群だったそうです。

しかし、明治時代の廃仏毀釈によってすべて失われ、貴重な寺宝も
散逸したそうです。

━━━関西の日光━━━

(幻の伽藍といわれる所以だな)

思わず深いため息が漏れてしまいます。

 

今ではわずかに本堂池だけがその面影を残しているだけでなんとも
残念な話しですが、眼を閉じ当時を思い浮かべると古の時代が彷彿さ
れるようです。

ここまで来ただけでも、歴史色の濃い道というのが十分うなずけます。

 

さらに少し歩くと驚くところに出ました。

(えっ!)

 

それは、・・・・!

話しが長くなりそうです・・・・・。

この続きは次回。

という事で。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

カテゴリー: うつ病, どもり, アガリ症, コミニュケーション, スピーチ, プラス思考, プレゼンテーション, 人に好かれる話し方, 人見知り, 人間関係改善, 会議・司会・進行, 婚活・お見合い, 就活・転職, 就活面接, 未分類, 社会不安SAD, 結婚式挨拶, 自己紹介, 話し下手, 話し方 名古屋, 話し方 大阪, 話し方 東京, 話し方 横浜, 話し方教室, 論理的な話し方, | コメントをどうぞ

NHKスペシャル「原発メルトダウン」を見て改めて思った事

地震発生から東日本にもう人が住めなくなるかもしれないという東日本大震災
から5年。

 

3月13日(日曜日)午後9時からのNHKスペシャル「原発メルトダウン」を見ました。

 

想像以上に混乱を極めていた原発内部、「東日本壊滅を覚悟した」と
吉田昌郎所長が語った過酷な現場…。

 

その吉田所長が病床で事故を振り返り言葉を残していました。

 

「10人くらい昔から知っているやつこいつらだったら死んでくれるかなと思った。」

 

その時の、追い詰められて様子が伝わってきます。

 

「今回あんなすさまじい状態だったんですけど、そういう何か微妙なところですね、

 

天の助けがないとね、もっとひどいことになっていた。」

 

つまり、なぜ幸運にも格納容器が爆発しなかったかは、現在も実際に2号機の
近くに行って調べることが出来ないため、本当のところは判っていないという説明
でした。
「もし天の助けがなければ・・・・・」

 

 

想像するだけでも恐ろしい言葉です。

 

地震発生から8カ月間現場で指揮を執り続け吉田所長。

 

吉田所長は事故から2年4カ月後食道がんでこの世を去りました。

 

享年58歳。

 

合掌。
カテゴリー: うつ病, どもり, アガリ症, コミニュケーション, スピーチ, プラス思考, プレゼンテーション, 人に好かれる話し方, 人見知り, 人間関係改善, 会議・司会・進行, 婚活・お見合い, 就活・転職, 就活面接, 未分類, 社会不安SAD, 結婚式挨拶, 自己紹介, 話し下手, 話し方 名古屋, 話し方 大阪, 話し方 東京, 話し方 横浜, 話し方教室, 論理的な話し方, | コメントをどうぞ

出来ない理由を探すな!

私は趣味の卓球をここ滋賀県でも続けようと毎週近くの体育館での卓球教室に通っています。
先日、練習時間の前に同じ教室に通う60代後半と思われる女性のAさんと立ち話をしました。
お互いどこから通っているか、という話になり
私は「歩いて5分くらいのところから来ています」
と答えると
Aさんは「車で1時間ちょっとのどこどころから来ています」
とお答えになりました。
(えっ!車で1時間、往復2時間!)
とびっくりし
「大変ですね~?」と話を向けると
「近くには卓球が出来るところがないので、ドライブがてら来ているんです」
とこの暑い最中、涼しい顔でお答えになる。
その後いつもの練習を終え、その日はそれで終わりました。
そのれから数日後、私はある出来事があり「ハッと」しました。
世の中、
「忙しい」、
「お金がない」、
「疲れている」、
「難しい」、
などなど、
出来ない理由(やらない理由)が溢れている中、
Aさんを思い
(さすがだな)
と唸りました。
カテゴリー: うつ病, どもり, アガリ症, コミニュケーション, スピーチ, プラス思考, プレゼンテーション, 人に好かれる話し方, 人見知り, 人間関係改善, 会議・司会・進行, 婚活・お見合い, 就活・転職, 就活面接, 社会不安SAD, 結婚式挨拶, 自己紹介, 話し下手, 話し方 名古屋, 話し方 大阪, 話し方 東京, 話し方 横浜, 話し方教室, 論理的な話し方, | コメントをどうぞ

「楽・直・大」よさらば!

昔、塚原卜伝のところにある剣豪が訪ねてきました。
剣豪:「剣の道を究めたい。本気で頑張るので何年かかるか?」
卜伝:「3年くらいかな?」
剣豪:「もっと早くならないか。寝食忘れて頑張ればどれくらいかかるか?」
卜伝:「そうじゃな、7年かな?」
       頑張って3年、寝食忘れて7年。
4年も加算されて剣豪はムキになり
剣豪:「死ぬ気で頑張る!何年かかるか?」
卜伝:「お前には一生かかっても無理だ!」
 努力もせず、やることもやらないうちから《結果》を求めるものは
成功しない、ということだと思います。
「楽・直・大」とは「《楽》して《直》ぐに、しかも厚かましく《大》きな成果を期待」
する意味の頭文字です(福士の造語)。
「基本動詞5つを使えば英会話ペラペラ」

・「これを食べてれば、1か月で10kg減量」
中には
・「受験に受かるには、これ以上知ってはダメ」
というようなのもあるとか。
先ずは《やることをやる》
結果は後からついてくるの精神でやりたいものです。
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ