話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

 

■30分スピーチに挑戦---「幕の内弁当」スピーチ---

以前3分スピーチで一理三例と言うのをご説明しました。
一つの主題に対してそれを裏付ける具体例を3つ用意すると言うものです。
時間的には一つの具体例につき60秒で合計180秒(3分)になります。

30分スピーチと言っても考え方は同じです。
一つの主題に対してそれを裏付ける具体例を3つ用意する訳ですが、
その一つ一つを60秒(1分)ではなく10分×3で30分になります。
もちろんこれは大まかな計算であり、7分+8分+15分の配分であったり例が4つになることも可です。

次の写真を見てください。
美味しそうな「幕の内弁当」です。
中味は酢の物、揚げ物、練り物、焼き魚、和え物にご飯3種ですね。
何を言いたいかって?
つまりこうです。
話しのテーマは「幕の内弁当」です。
それを 酢の物、揚げ物、練り物、焼き魚、和え物にご飯3種の話しを一つずつして全体としては
「幕の内弁当」の説明です。

30分スピーチも「幕の内弁当」のイメージです。
例えば「日中関係の未来」をテーマにして話しをするとき
外交、経済、軍事、領有権、民間外交、スポーツ文化交流というようにいくつかのジャンルに分けて、
結果として「日中関係の未来」の話しをした方がごっちゃ混ぜで話しをするよりずっと話しやすいはずですし、

聞く方もストレスなく聴けるはずです。

幕の内弁当スピーチ

みなさんもスピーチをするときはこの「幕の内弁当」スピーチを思い出してください。

 

 

 

 

話し方ワンポイントに戻る

 ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜  
電話
03-6869-7173

 

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜