話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

■たまには深い話をする

 深い話とは、いうなれば自分の心の奥にある魂との会話をスピーチにすることだと思います。
いつも箸にも棒にもかからない、当たり障りのない評論家のようなスピーチは聞いている方も退屈してしまいます。

以下、Wさんのスピーチを見てみましょう。


「人は変われる」上野教室Wさん(女性)    
≪原文ママ≫
昔から「三つ子の魂百まで」とか、最近では「ありのままで」と言う
言葉が流行っていますが、それはそれとして、、、。
私は、人とはその気になれば変われるものと信じています。
我が家の場合、順調に育ったかに見えた子供が二十歳の頃に
睡眠障害からうつ状態になりました。昼も夜もひたすら眠り続ける様子に
イライラし、最初は悲しみや怒りに襲われ、次に原因探し、そして自分を責める。
親子共々これの繰り返しで、家の中が息もできないような膠着状態になりました。
カウンセリングに行って下さいと言われても、親ではなく子供が行くべきだろうと思いがちでした。
しかし、今思えば、自分が変わらなければと気づいた時から、
暗いトンネルに光が射すのだろうと思います。

変わるとはどういう事か。一言で言えば「言葉を変える」のだそうです。
言葉とは言霊と言うようにその人の「心」そのものなのですね。
しかし、習慣になっているのを変えるのは簡単ではありません。
子供の未熟な言動に速攻反応し「それはどうなの?こうした方が良いのでは?」と正しい
方向に導いているつもりでしたが、「あなたはそう思うのね」と一度受け止めて黙っている。
この作業の苦しいこと。
これを失敗しながらも繰り返すうちに自分の「心」に変化が出てきました。
不安があってもじっと我慢して見守る。子供を信じる。
悲しみと怒りを混同しない、などです。
幸い子供は自分で立ち直り、もたついている親を尻目にぐんと成長しました。
悩み、夢中で過ごした数年でしたが、その中で出会った言葉
「ニーバーの祈り」を唱えて終わりに致します。
神様 私にお与えください。
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えていく勇気を
そして二つのものを見分ける賢さを

☆福士 コメント:
如何でしょうか?
Wさんはスピーチを通してもう一度自分の心の深い部分と向き合っています。
自分の心と向き合うことによってWさんの魂の声が聞こえてくるようです。
聴く者には他人事でない迫力をもって迫ってきます。
このように、時には深い話をすることは大きなメリットがあります。
1、退屈す話しか聞かされていない聞き手には刺激的
2、自分のスピーチの幅が広がり、どんな状況でもそれなりに話すことのできる対応力が身に付く
3、自分の心を見つめ直すことにより、今後進むべき方向性が整理できる

他にも物事を深く考える習慣が付き、仕事から私生活までメリットは計り知れません。
そういう意味で時にはあえて深い話をしていくことも大切です。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!

 

 

話し方ワンポイントに戻る

 話し方教室 東京 新宿 上野 横浜  
電話
03-6869-7173


話し方教室 東京 新橋 銀座 新宿 渋谷 池袋 横浜