話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

 

■具体的に話せ 5W1Hを意識せよ

抽象的な話しはわかりません。抽象的なことも具体的に話すことによって聞き手も理解できます。では、どうすれば具体的な話しになるのでしょうか?答えの1つ、それは5W1Hを使うことです。
「いつ=when、どこで=where、誰が=who、何を=what、どのように=howしたのか。そして何故=whyそうしたのか?」をありのままに語ることです。
その時、貴方の話しは確実に具体的になるずです。
例えば、
ある時今でも忘れられないことがおきました。←これでは何のことかわかりません。抽象的過ぎます。
これを具体的に描写すると(whyは省きます)
↓↓↓↓↓
それは今月8月29日金曜日、残暑厳しい日のことでした。←whenいつ
私は仕事に行く朝の山の手線の電車に乗っていたんですよね。←whereどこで
私は、いつもの様に新宿駅のKIOSKで買ったスポーツ新聞で昨夜のジャイアンツの試合を思い出しながら読んでいたんです。←whoだれがwhat何をhowどのように
すると、後ろから肩越しに一人の女性が小声をかけてきました。←whoだれがhowどのように
「すみません、F先生ではありませんか!?」
なんとその女性はファッション雑誌から出てきたような若い綺麗な方でした。
なんでこの私がこのような若いモデルのような方から声をかけられるのか一瞬なんのことだか事態が飲み込めませんでした。
するとその女性は「実は、〇〇」というではありませんか!
私は「あっ!」と思わず息を呑みこみました。・・・・(続く)

(抽象的)→→→(具体的)

ある日→→→8月29日金曜日、残暑厳しい日
ある電車の中で→→→ 山の手線の電車の中
新聞→→→ KIOSKで買ったスポーツ新聞
若い綺麗な女性→→→ ファッション雑誌から出てきたような若い綺麗な女性 若いモデルのような方

それでは受講生のスピーチでも確認しておきます。

「今在る私は壊れた時計のおかげ」 横浜教室Kさん(男性)
それは小学校5年の時の話しです。
担任はS先生と仰る女性の先生でした。
ある日S先生が『T君は手先が器用だから、この古い時計なおして。直ったら使っていいわよ。』と私を名指ししました。
その当時は時計は高価なもので、たいていの家はなおして使うほど貴重なものでした。
初めのうちは修理を試みましたが仲々直りませんでした。 ところが、もう一度ばらして、ゼンマイの部分を調整しなおしました。 すると見事に時計は再び動き始めましたた。
 父親に得意になって話をしました。
すると父親は期待に反して『こんな高価なものを頂く訳にはいかない。お返ししなさい。』 と言うのでありました。
とても残念でしたが、先生にそのように告げると、 先生は『一度言ったことだから遠慮せず貰っていいわよ。うちも新しい時計を買ったのよ。』 とお答えになった。
 そういう訳で、その時計を頂くことになったが、如何せん大きな目覚まし時計で自分では使えないので、
母親にプレゼントしたものでした。
私はその後工業高校に進み、今は機械の整備技師として長く勤めています。
今ある自分は、あの時、先生の仰った『T君は、手先が器用だから・・・』と言う言葉が決定的でした。
 
以上、本日は『今在る私は壊れた時計おかげ』と言う話をさせて頂きました。

☆福士 コメント:
このように「いつ=when、どこで=where、誰が=who、何を=what、どのように=howしたのか。そして何故=whyそうしたのか?」を誰が聞いても特定出来るように見える化することで聞き手には話が映像となりわかりやすい話となります。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!

 

話し方ワンポイントに戻る

 ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜  
電話
03-6869-7173

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜