話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

 

■余韻を残す-2事実の持つ説得力

スピーチは普通、意見・感想を以って完結します。
これが一般的なスピーチです。しかし、時には敢えて感想を述べすに終わることがあり、
そのほうが却って余韻が残り印象的だったりすることがあります。
例えば、ある事実・実例を述べた後、「皆さんはどうお感じになりますか?」でスピーチを閉じることができます。
次のAさんのスピーチをご覧ください。

☆「売上の良い営業マンとは」上野日曜クラスAさん(男性)
≪要旨≫
営業マンの評価は売上で決まる。
私の周りに断トツの売上をあげるIさんがいる。
「あいつは運がいいだけですよ」と陰口を聞くこともあった。
先日そのIさんと同行する機会があった。
何か秘訣があるのではと思いながら同行させていただいた。
するとトークは普通。
商品知識も普通。
「おかしい、おかしい、フツウじゃん」と心の中で思った。
しかし、あることに気がついた。
それは訪問回数が、他の営業マンに比べて圧倒的に多いということだ。
普通営業マンの訪問件数は日に3件ほどだがIさんは6件を下回らない。
このように売上の多い営業マンは訪問件数が多いし、
逆に売上の悪い営業マンは動いていないことが訪問件数で判った。
皆さんはどうお感じになりますか?

☆福士 コメント:
如何でしょうか?
ご覧のようにAさんご自身は感想を述べておりません。
ただひたすら
◎Iさんの営業成績は断トツに良い。
◎Iさんのトークは普通。
◎Iさんの商品知識も普通
◎売上の多い営業マンは訪問件数が多い
◎売上の悪い営業マンは動いてい
と事実の列挙のみです。
そして最後に「皆さんはどうお感じになりますか?」と判断を聴き手に委ね、
Aさんご本人は感想を述べていない話の構成です。
しかし、このスピーチは、話し手の感想、結論を述べなくても「営業成績を上げたけ
れば先ず訪問件数を増やすことだ」と感想、結論を述べているのと同じですね。
これが、感想を述べない事実の持つ説得力です。
ただし、この判断を聞き手に委ねるには条件があります。
それはその事実・実例の描写が上手でなくてはなりません。
その描写が素晴らしければ、それだけで「事実が説得力」を持つからです。
事実の描写をバッチシ決めて、「皆さんはどうお感じになりますか?」と判断は聴き手に委ねる。
こんな余韻の残し方も使えると思います。
一度試してみてください。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!
 

 

話し方ワンポイントに戻る

 ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜  
電話
03-6869-7173

 

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜