話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

 

■健さんのスピーチは学ぶところが沢山ある。

俳優高倉健さんが11月10日亡くなられた。享年83歳。
2012年8月26日、当時81歳だった高倉さんは映画「あなたへ」への撮影協力の感謝を伝えるためロケ地となった
富山刑務所を表敬訪問。
350人の受刑者の前でスピーチをしました。
「自分、不器用ですから」の台詞で武骨で寡黙なイメージがある健さんだが、実は健さんのスピーチは
学ぶところがい実に多いと思います。

なお、少しでも雰囲気をお伝えするために情景を括弧()で挿入しました。
健さんは終始うつむき加減でそして、テレビ等でおなじみの例のいかにも不器用で真面目な姿勢でした。

高倉健スピーチ
ちなみにこのスピーチはYouTubeでも見られます。 http://www.youtube.com/watch?v=yWksMKGlTew
先ずはご一読ください。

(原文ママ)
初めまして。(間)
映画俳優の高倉です。(大拍手)
こういうところで、喋る経験はないもんでから、昨日ホテルで寝られなくて原稿を作ったんですけれども。
これから見ていただく映画「あなたへ」は、(かなりの間:注1) えー、人を想うということの大切さ、そして思うということは
切なさにもつながるんだと思います。
え−、(間) 自分は、え−、たぶん日本の俳優では、一番多く、えー、皆さんのようなユニフォームを着た役を
やった俳優だと思っています。(大拍手:注3)
話しが長くなりますので・・・。
(力を込めて:注2)みなさんが1日も早く、(間) あなたにとって、大切な人のところへ、帰ってあげてください(涙声;注4)。
心から祈ってます。
(心を込めて)どうぞお元気で一日も早く出所されてください。
え−、暑い中ありがとうございました。(拍手鳴り止まず。健さん手で涙を拭きながら降壇)
※ 文字数294文字 時間2分22秒

いかがでしょうか?
文字数わずか294文字。
普通のスピードなら1分で済むところを2分22秒もの時間で話しています。
いかに、ゆっくりとさらに間を取りながら話をしたかがわかります。
さて、具体的に健さんのスピーチから学ぶことができるところを挙げてみます。

一、受刑者に対しても上から目線でなく、人として敬意をもって真摯に語り掛けている。
健さんは日本が誇る大スターV.S端や聴衆は肩身の狭い受刑者の図式。
これほど落差があっても決して見下すことなく、丁寧に敬意をもって語り掛けている。
もし、上から目線で説教じみた話をしたら拍手など起きなかったでしょう。

一、間を効果的に使っている。
聴衆とは間を置かれると「どうしたのかな?」、「一体次に何を話すのだろう?」と
固唾を飲んで話し手に意識を向けさせてます。
そして、話し手はこの機をとらえ伝えたいことを語ると効果的です。(注1)

一、強調したいところは力を込めて語る(注2)
トーンを変えることにより話し手が何を強調したいかを伝えることが可能です。
一本調子では強調したい点が伝わりにくくなることがあります。

一、ユーモラスの中に優しさがにじみ出ている。(注3)
「日本の俳優では、一番多く、皆さんのようなユニフォームを着た役をやった俳優だ」と真面目な話の中にも
ユーモラスに語り、 かつ連帯感をそれとなく語っている。
これは今でこそ陽に当たらない受刑者のみなさんにとって希望の持てる救いの言葉ではないだろうか!?

一、心に訴えるときは涙声で語っている。(注4)
もちろん見え見えの演技では逆効果でしょう。
しかし、そこは205本に上る映画に出演した名俳優。
健さんの心からのメッセージとして伝わってきました。

一、敬語が使われている。
つい見落としがちだが、ここというときはしっかり敬語を駆使したい。
「見てもらう」ではなく「見ていただく」、「出所してください」ではなく「出所されてください」と受刑者であっても
敬語を使い同じ人間として敬意を払っている。
もし「見てもらう」と健さんが語ったらこのスピーチは台無しになっていたかもしれません。
たかが敬語というべからず!

それとよく「え−」「あの-」などのつなぎ言葉は避けるように指導するのが話し方の定番ですが、
健さんがいうとこれまた味があります。
まあ、聞く方に耳障りでなければ許容範囲だとお考えください。

およそ以上の点が健さんのスピーチから学べるのではないかと思います。
「自分、不器用ですから」という健さんですが、実は不器用なんかではなく聴衆の心を鷲掴みにしする稀代の
名演説家だと思います。

◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!
 

 

話し方ワンポイントに戻る

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋