話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

■話のネタの集め方 その1 身の回りで起こったことをネタにする

よく「一体何を話していいかわからない。話す内容がない。」と嘆く人がいます。
しかし、話の材料(=話のネタ)はいくらでも身の回りに転がっています。
話し方教室の草分け的存在であるD・カーネーギーは言っています。
「掃除婦であろうがホームレスであろうが、その人が人生の本質を語る時、私は一度たりとも退屈した時はない」と。
例えば次のスピーチをお読み下さい。

☆「今朝、学んだこと」横浜日曜クラスEさん
≪要旨≫
今朝、家を出てハロー話し方教室に行こうとしたところ雪の重みでドアーが開かなかった。
なんども、なんども押したり引いたりしたが開かず、部屋を温めたり隙間からお湯を流したがとうとう開かなかった。
仕方なく2階の窓から外に出て屋根伝いに隣の塀まで行きそこから飛び降りて外に出た。
ドアの外の雪を取り除きやっと外出することができた。
授業に向かったものの慌てて家を出たため携帯電話は忘れるは、飲み物は忘れるは、
挙句の果てにはガスを消したか不安になり家に戻るという有り様だった。
幸いガスは消えてはいたものの大いに反省すべきこととして自分の中に残った。
まずは、慌てないように早め早めに行動すること。
もう一つは、大雪はわかっていることだったので予め予測を立てドアの前に雪が積もらない手段を講じるべきだった。(終わり)

☆福士コメント:実は気が付かなかったのですが、私の携帯に「10分位遅れます」とメールが入っていました。
教室に急いで入ってきたEさん、その時までは事情がわからなかったが、上のスピーチを聞いて合点がいきました。
まあ、よく屋根から滑り落ちて怪我などしなかったものだ。(笑)
ということで先ずは何事もなかったことを喜びたい。
と同時に遅刻はいけないことだけれども、遅刻の場合はメールで断りを入れるというEさんの律儀なお人柄を垣間見ることができます。
だれでも遅刻はよくない、時間は守らなければいけない、ということはあたり前のこととして知っている。
出来るできないではない。
遣るか遣らないかだけのことなのだと痛感させられるスピーチですね。

ということでEさんのスピーチは、今朝のほんのちょっとした出来事からもスピーチが出来るといういい例だと思います。
そう、スピーチのネタは私達の周りにいくらでもあるということですね

Eさんはそれを逃さずスピーチのネタにしたと思います。
 

 

 

話し方ワンポイントに戻る

 話し方教室 東京 新宿 上野 横浜  
電話
03-6869-7173

 

話し方教室 東京 新橋 銀座 新宿 渋谷 池袋 横浜