話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

■話のネタの集め方その4 ネタ帳を作る

「話のネタの集め方」その4は日頃からネタを集めそれをネタ帳に貯めておくことです。
ノートでもいいし、パソコンに保存してもいい。
次のスピーチをお読み下さい。

スピーチが上手くなるには3つのことが大事だと思っております。
1、日頃からネタ集めをする
2、ネタに対して自分の意見を持つ
3、意見を持つだけでなく継続的に発表する場を持ち第3者に評価してもらう

今回は横浜教室のAさんのスピーチです。

☆「簡単になるほど、注意が必要」 横浜教室Aさん(男性)
≪原文ママ≫
私は、仕事で商品の販売をしています。
仕入れ先から商品を仕入れて、お客さまに売ります。
仕入れ先に商品を注文する方法は、今から30年ぐらい前までは電話でした。
点数の多いものは郵便で、注文書を送っていました。
電話では間違えがないかと復唱したりして、注文に1時間以上かかってしまうこともありました。

それが今やインターネットで出来ます。
指先一つでパソコンのボタンを押したものが、相手の人の手を介さず、すぐに出荷になってしまう。
大変簡単になってしました。

今年の10月のことですが、九州のある大学の生協でおこったことです。
発注担当者が、お菓子の「ポッキー」を320個注文するところを誤って3200個注文してしまったそうです。
取引契約で食品関係は、返品できないとのことで、困った担当さんが店頭に「間違って発注してしまいました。助けてください。」と商品に張り紙をしたそうです。
それを見た学生が、ツイッターや無料電話アプリのLINEなどで、購入を呼び掛けてくれました。
そうしたところ、わずか4日間で通常の100倍1700個が売れて、1か月足らずですべて完売したそうです。
担当者は、まさか完売できるとはおもっていなかった。
売り上げもよく嬉しい悲鳴をあげてしまったとのことです。

ものごとが簡単になることはありがたいことですが、しかし逆に人が注意することがおろそかになりがちです。
簡単に出来ることこそ、もっと注意すべきだと思います。

☆福士 コメント:
このポッキー誤発注の話しは主題を裏付ける具体例として実に的を得た例ですね。
正にネタ勝ちです!
実はこのニュースが放映されたのが2014年11月11日で、このスピーチをAさんがしてくれたのは12月15日です。
このスピーチのちょうど1か月前の話しです。
日頃からネタ集めをしネタ帳に貯めておかないとできない技です。
これが冒頭で申し上げた「日頃からネタ集めをする」ことの大切さといえるのではないでしょうか。
この姿勢がいざスピーチするときに力を発揮す原動力になります。


◎あなたのスピーチが心のビタミン!
みなさんの≪感動的なスピーチ≫をお待ちしておりま〜す!

 

 

話し方ワンポイントに戻る

 話し方教室 東京 新宿 上野 横浜  
電話
03-6869-7173

 

話し方教室 東京 新橋 銀座 新宿 渋谷 池袋 横浜