話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋 あがり症克服 スピーチ プレゼン コミニュケーショ 人間関係 結婚披露宴 面接 メンタルトレーニング 自己PR

ハロー話し方教室 東京 大阪 名古屋 横浜

話し方ワンポイントレッスン 

Tips集

 

■「ワンスピーチ・ワンテーマ」の法則

話しの苦手な人、慣れていない人に見られる失敗例に色々な話を詰め込みすぎ、というものがあります。
大安売りに袋に入れすぎて袋が破れてしまう光景を想像してしまいます。
話のうまい人、わかりやすい人の話しはテーマが一貫しています。
「ワンスピーチ・ワンテーマ」の法則です。
まず、次のスピーチを読みずらいでしょうがお読みください。

≪例1≫
「私の年末年始」 福士敏行 63歳(男性)
◎最近、肩が凝り病院で診てもらいました。
とにかく睡眠と運動をしろということなのでジョギングや卓球を始めました。
仕事柄、座っていることが多いので、肩こりは一種の現代病だと思います。
卓球は高校時代ですが、奥が深くやればやるほどのめりこんできています。
しかし、年末年始は練習をする地区センターが休館なのでやりたくてもできません。
そこで、気分転換も兼ねて釣りを真似ごとながら始めました。
教えてもらってやるとタナゴやイナダが次から次と釣れるではありませんか。
まあ、腕がいいのではなく、漁場がいいだけの話しだと思います。
家に持ち帰り妻に料理してもらいましたが、勝った魚と違い格別な味わいがありました。
釣りをしていおるときは方の凝りも忘れるので一石二鳥、いや三鳥です。
そうはいっても天気の悪い日は釣りをする気にはなれません。
テレビ番組を見たら、さすがに年末年始だけあって見たい番組が目白押しです。
見たい番組の時間が重なるので、思い切ってヨドバシカメラでDVDプレイヤーを買いました。
さらに我が家のDVDプレイヤーは買って20年以上もしていることもあり、それにはなんとビデオテープ録画・再生もついているくらい古い時代ものです。
まあ、いままでよく頑張ってくれたと思います。
買ってよかったのは使い勝手の良さです。
番組予約も再生も削除も機械音痴の私でも簡単だし、間違うこともありません。
また、今ではハードディスクに録画できてテープはもちろんDVDもいらないんですね。
もっと早くに買い替えればよかったと後悔しています。
えー、何を話しているんでしたっけ・・・。
もうお時間ですので、このあたりで止めます。

◎福士 コメント:
いったい何を言いたいのかわからないのではないでしょうか?
肩こりには運動が必要と言いたいのか、卓球がやれなくて釣りは一石三鳥の楽しみになっているといいたいのか、
はたまた新式のDVDプレイヤーは使い勝手がよく買ってよかったといいたいのか、わかりません。
しかし、この手の失敗は多いのです。
他人事ではなく、テーマを一つに絞ることです。
つまり、肩こりの話にするのか、卓球・釣りの話しにするのか新式のDVDプレイヤーかテーマを一つに絞ることです。
無理やり特売品を袋に詰め込むオバタリアン(もう死語?)になってはいけないのです。

そこで、上のスピーチを例えば卓球にフォーカスして次のようなスピーチ≪例2≫を作ってみました。
≪例2≫
☆「若者よ、年寄よ、義務ではなく夢中になれ!」 福士敏行 63歳(男性)
 去年秋口から肩が凝り、辛く、酷いときには気持ちまでも暗く重くなりました。
そこで病院で診てもらいました。
すると医師はとにかく睡眠と運動をしろ、という話しでした。
そんな12月のある日、近くの地区センターにたまたま入ってみると体育館で年配の男女が卓球をしていました。
私は高校時代卓球部だったこともあって入会をお願いしました。
入って驚いきました。
はじめ週1回2時間くらいの愛好会かと思ったら、週の月水金それも一回3時間練習をしていることでした。
それはそれはみなさん大変熱心で、中にはそれ以外火木土日もやっていらしゃる方もいるんですね。
私も夢中にやっているうちに「負けたくない、もっと強くなりたい」と思うようになり練習にも熱が入っていきました。
するとある変化が起きました。あ
卓球をしているときは肩のことはすっかり忘れ、卓球をしていないときもYoutubeで卓球動画を見たりしているうち
肩の凝りが和らいできたことです。
今では、ほとんど気にならないくらいです。
去年のことがウソのようです。
今では卓球に出会えてたことに感謝です。
 私みたいに意志の弱い人間は何かを遂げるには単に義務感だけでは難しい。
理想は夢中になれることが最大の武器ではないでしょうか。
2500年前中国の孔子の言葉を紹介します。
「これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」
卓球に限らず、これからも楽しく夢中になることが一番だという意味です。
最後になりますが、、話し方の向上も話し方の勉強が楽しく夢中になることが確実に上達する秘訣です。
ということで「若者よ、年寄よ、義務ではなく夢中になれ!」という話しを終わらせたいと思います。
ご清聴ありがとうございました。 (終わり)

いかがでしょうか?
感動的なスピーチとはいかないかもしれませんが、≪例2≫は≪例1≫よりは言いたいことが伝わったので
はないでしょうか?
理由はお分かりのように 「ワンスピーチ・ワンテーマ」の法則で組み立てたからにほかなりません。
具体的には、「肩こりとそれを解決に至った卓球」以外の「釣り、DVDプレイヤーの話し」には触れていません。
テーマに関係がないからです。
以上、「ワンスピーチ・ワンテーマ」の法則でスピーチを作る練習をしてください。

 

 

話し方ワンポイントに戻る

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋
電話
03-6869-7173

 

話し方教室 東京 大阪 横浜 名古屋